2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.10.15 (Sun)

風をあつめて 石橋編-①

 阪急宝塚線のスナック探索も残り僅かなって来ました今回は阪急石橋駅界隈をスナックの風を集めましょう。
 阪急石橋は豊中市ではなく池田市っと駅を降りてから知りましたコノ駅から乗り換えて箕面方面に線路が続くようである。
 近くには私学でもあるのかなぁ?女子高生が電車内でも多く見られた。車内で足を突き出し大声で談笑する姿は、小生の嫌いなアホ其の者であった。
 駅を降りると直ぐに商店街で、八百屋や魚屋が現役で営業しており結構な下町感が残る商店街である。近年に珍しく端から端まで歩いたが、百均が一軒も無い百均が買い物の常識の尼崎人には汗拭くタオルを購入できる店が無い。
 

 商店街から少し西側に歩いていると用水路の様な河が流れ住宅街に続いている。こんな処にスナック何てあるのかなぁ?っと思っていた。
ファミーレ石橋Ⅱ 池田市石橋1-7-11
 道にズラッと並ぶ立て看板はスナッカーズの鼓動を高ぶらせる人目も気にせずカメラのシャッターを落ろした。
 なんだぁ??“スナックBar岩田航空”…??めちゃ気に成る。16何とかぁ??何かの単位?何て読むんだろう??
 オシャレ感がある建物のは『?』ばかりであった。

再び商店街に戻り線路をくぐる高架の手前にスナックを発見

 コノ辺りも狭い路地で多くの店が並ぶのでビルの名前が今ひとつ分からないのであるが“カラオケ・スナック CanCan(キャンキャン)”がある。スナックの看板には勿体無いくらいの味のあるロゴデザイン看板の料金にワンソフトドリンク一1200円・ワンアルコール1500円っと書いてあるが高級バー並みの値段が書かれてあるがホントかなぁ??昼カラオケで、こんな値段取ったら誰も来ないような気がするが…


 序盤から中々の猛者揃いの阪急石橋界隈のスナック気を引き締めて掛からなければぁ・・・つづく。
スポンサーサイト
22:52  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.14 (Sat)

北新地スナック漫遊記

◆pm20:15
 尼崎を出る時に降っていた雨も止んでいる。
 お祭りでも有るかのような雰囲気の街…ココわぁ御存知“曽根崎新地”今夜は東京一号店であるスナック玉ちゃん赤坂店より、“沙耶(さや)”ママが6人の手下を従えて来店するという事で、コレを迎え撃つ為に北新地ファミリーとして小生にも召集号令が掛かったのである。

 エントランスでエレベーターを待っていると『あっ』っと声を掛けられた。こんな処に知り合いなど居る訳もない…振り向くとスナック玉ちゃんの従業員であった。もう一人女性が居たのでアレ?彼女も玉ちゃんのホステスさんかぁ??エレベーターに乗り込み八階へ、すると彼女も八階で降りて同じように廊下を歩く。そして玉ちゃんの隣の店の扉を開け消えていった…なぁ~んだぁっと言う話である。
 以前から北新地は金曜日が暇っと聞いていたが、実に信じがたい事であるが事実なのである。コノ日も小生の隣には、三人組みも御客さんと常連さんが一人居られるだけであった。
 小生の饒舌なジェントルマントークで待っているが、東京からの刺客はまだ来られていない。カラオケも誰も歌われないので静かに会話でき北新地情報を聞かせて貰った。
 最近一恵ママ一押しの北新地グルメが、焼き鳥店『一鶴(いっかく)』らしく、行くと100何席あるのにも関わらず耐えず入店待ちその絶品地鶏に合う絶品タレが中毒性が有るかの如く、明日も明日も食べたくなるの味らしい電話をしておくとテイクアウトようにも焼いてくれるらしいので、一恵ママは其れを利用しているらしい。鳥好きの小生も一度伺ってみたくなった話である。

◆pm22:30
 ようやく東京組が来店し、一気に店のムードも変わった。沙耶ママの顔は存知ないのであるが“桐畑トール”氏はCS版の『玉袋筋太郎のナイトスナッカーズ』で玉ちゃんとスナック巡りをされていた方なので存じ上げていた。
 後ろのBOX席に掛けられ、暫くして一恵ママから沙耶ママを紹介して頂いた。どういう経路で赤坂店のママに就任されたのかは聞いていないがぁ25歳っという若さでスナッカーズ猛者共も相手に切り盛りされているらしい。
 一応名刺の交換だけして席に戻られた。北新地ファミリーとして先人を切って盛り上げる為に、日頃あまり歌わないカラオケのデンモクを見る。
 店のムードと品を落とさぬように、履歴から北新地店のカラオケの傾向と対策を練る。それまで誰一人カラオケを歌っていなかったが、小生が歌う事で少しカラオケを歌ってもイイ様な雰囲気を作れたと思う。

 東京組も歌いだし宴も盛り上がってきた。
 東京赤坂店の刺客の中に“2丁拳銃”の小堀氏が居たのを知ったのは、彼がステージで歌いだしてからであった。
 自らもジョージ・ハリスン役でPVに出演している斉藤和義『ずっと好きだった』を熱唱された。
 当初勝手に写真を撮るのは失礼過ぎると躊躇(ちゅうちょ)していたのであるが
『お前ら、さっきからパチパチ撮ってるけどぉ絶対にSNSに上げろよぉ
一気に店のムードを飲み込み自分のフィールドへ!流石である。っという事で許可が下りたのでブログにも載せさせて頂いた。

◆pm23:30
 余裕を持って店を出ないと終電に間に合わないので小生は失礼させて頂いた。最後にBOX席は元より皆さんに頭を下げ店を後にした。
 外に出ると尼崎の雨が此方に移動してきたのかぁ?小雨が降っている。下まで見送りに来てくれた一恵ママにサヨナラを告げ、また来週っと別れるのであった・・・おしまい。
19:02  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.13 (Fri)

酔って候

◆pm22:30
 徐々に冬に近づく秋が理想であるが、暑い日が有ったり寒い日が有ったりと忙しなく着る物にも困る秋である。
 野暮用で来ている阪神センタープール前駅、帰宅前に少し“loungeアモーレ”を覗いてみた。
 日曜日と月曜日が定休日で火曜日と水曜日はママ一人で切り盛りし、木曜日には酔っ払い四十路ホステスさんが居られ、金曜日は着物を着た年齢不詳のチンドン屋みたいなホステスさんが居られる。
 今夜は木曜日なので酔っ払い四十路ホステスさんの日、瓶ビールを注いでくれるが小生が手を添えないと瓶ごとグラスに入れる勢いである。っといっても此の方は人気が有るのかぁ?普段よりも常連さんが居られ賑わっている。

◆pm23:00
 ママが小生の前に来られた。あまりお酒が強いママさんでは無いので、小生が御酒を進める事はない。っといって自ら御茶をせがんだりされる様なママではない、だからこそ小生は此方のママが好きなのである。
 来月には30周年になるらしく、来店記念に何が良いのかぁ?頭を悩ませておられる様子で、他店の周年の記念品を小生に聞いてきたくらいである。
◆pm23:40
 瓶ビール二本、突き出し三品付いて三千円。今夜はまだ家に帰って仕事が残っているのでコノ辺りで失礼させて頂く。周年には毎回達筆な手書きポスターが扉に貼られるので気に掛けて置かないとなぁ・・・おしまい。
12:14  |  アモーレ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT