2019年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2019.11.20 (Wed)

パープル・シャドウ

◆pm22:50
 空は晴れている…しかしパラパラっと顔に当たる細かな雨粒は、小生がスーパー雨男のせいなのかぁ?
 雨宿り代わりに“snackかえり道”へ。中に入り『雨が降っている』っと言うと雨男っぷりにママに失笑された。
 寒いので湯割りを頂き、小腹も空いていたのでイイ感じの量の白菜煮が出てきて助かった。

 ママと話をしていると電話が鳴った、酒屋さんみたいである。
 毎年11月の第三木曜日がボジョレヌーボーの解禁日ッという事は、自発的にワインを全く飲まない小生は知らない。女性は本当にワインの味を理解しているのか定かではないが、ワイン好きが多い。
 肉はミディアム、食事はフレンチ、酒はワインとか、エエ格好してるだけでわぁ?っと疑問視してしまうのは、小生が貧乏育ちの際なのか?『ご馳走して』っと女性に言われても『絶対イヤ』っと小生は自身が美味いと思は無いものは拒否するのである。
 話しは変わるが、最近は全くタクシーが居ない…先日に常連さんがママにタクシーを頼んだのであるが、タクシー会社に電話しても繋がらず、挙句は外で30分間も探し周り、やっとの事コンビニで休憩する運転手さんに頼んで乗せて貰ったらしいのである…タクシー運転手の成り手が居ないのか?そのくせタクシー業界の縄張りは厳しく、大阪のタクシーは兵庫県で乗車させてはいけないルールがある。タクシー業界が鉄道業界に圧力を掛け、終電を早めたのにタクシーが無い…其れでは水商売にも影響が出るのは必然景気を悪くさせているのは安倍政権では無く、タクシー業界では無かろうか

◆am0:30
 おっと…またまた熱く語り出してきたのは酔っ払ってる証拠である。コノ辺りで今夜は帰ろう、外は雨の痕跡も無く晴れやか!星を読んで帰ろう・・・おしまい。
スポンサーサイト



21:02  |  snackかえり道  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.16 (Sat)

錨を上げろ-②

◆pm22:00
 “あんじゅ”を後にし、もう一杯だけ頂く。“snack りさ”で〆よう。
 扉を開けると満席かと思いきや、一席だけ空いていた。店内で背中のリュックと上着を脱ぐ事は、スペースの関係で出来そうにないので、廊下で上着等を脱ぎ中に入った。
 店内はカウンター席のみの六席しかない、場所と時代によってはスナックでは無く「スタンド」っという呼び名で呼ばれるかも知れないが、呼び名が違うだけで同じものである。コレ等については小生の自論があるので、又の機会にでも話そう。
 この並びは皆同じ造りの店内であるが、“りさ”のように流行っている店、暇な店とある。
 同じ造りで、同じ酒を出し、料金も同じようなものである…しかし繁盛と暇を分けるものは何なのであろう??ママが美人?若い女性が働いている?そんな事ではなさそうである。長年スナックに通って色々な店を観ていると、一番大事なのはママの人を引き付ける魅力にある。
 魅力というのは個によって違う、其れを魅力と感じるのも個によって違うのである。例えば矢沢永吉は神のように崇める人も居れば、そうで無い人も居る。魅力というものは提供する方も受け取る側も、同じ価値観で無いと魅力に感じられない。
 色々なママが居て、色々なスナックがあり繁盛と暇を分けるのも、魅力の少数派と多数派なのである。
 しかし根性の悪いママが居るのも現実で、そんな店は其れ以上の根性の悪い客が居て成り立っているのであろう…。

 小生が感じるに“snack りさ”は来られている客は、神戸という土地柄を抜いても感じの悪い客はいない。必ず先に帰られる時は、初見の人であっても『お先にです』っと挨拶をされる。このような店は、小生で無くても又来たいと思うのは当然である。

◆pm23:30
 スマホのアプリで調べると、最終前の電車に乗れる。『お先に失礼します』っと一礼をし、既に閉店してる有楽名店街のを出て電車に乗った。

 尼崎に到着し、特に御腹も減っていないのであるが食いしん坊癖で、「なか卯」でカツ丼を食らう。
 食べ終わる頃には御腹パンパン…あぁまたしても負け犬である・・・おしまい。
19:46  |  有楽名店街  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.15 (Fri)

錨を上げろー①

 イカリマークがシンボル碇山を望む、ここは神戸元町である。
 碇マークが今宵青く光っているのは11月14日が「世界糖尿病デー」であり、糖尿病の脅威啓発のために全国各地でブルーライトアップを実施しているらしい。ちなみに我が町尼崎市では尼崎城がブルーにライトアップされていた。

地下の駅ホームから上がって来たが、地上には一切用事は無く再び地下に潜り、やって来たのは久々の「有楽名店街」である。
 西口から東口の出口が見えないくらい並ぶ飲み屋街は、営業しているのは数十軒…嘗ての様な活気は無いが、ココを歴史遺産にしてはいけないのある。
 来月の初めには夏に模様した「はしご酒バル」を開催すると聞いていたが、ポスター等のイベント告知的なものが一切ないが如何なのもか?取り合えず“あんじゅ”を覗いてみよう。
 少し扉を開けるとカウンターにビッチリ客が並んでいた…後まわしにして違う店でも覗こうかと思っていたら『一席空いてんねん』っとママが店から出て来た。こうなれば入ならず得まい、座る前に隣の方に迷惑が掛からぬよう先に上着を脱ぎ、荷物を備え付けの床空調機の上に乗せた。
 小生の両隣には、神戸のジェントルマンが連れている淑女である。言葉の端々に尼崎弁が出て、柄の悪い方っと誤解されてはいけないので黙って飲んでいる。
 黙っていても育ちの悪いオーラでも小生から発しているのか?ものの10分20分でドバッと全員帰られた…。
 先月にiPhone11proに買い替えたことは、このブログでも述べたが、女性には直ぐ気付かれる。はやり流行り物には目が無いのか?女性には女性特有な目線があるので、男性はモテたいのであれば、細かな身だしなみにも気を付ける必要がある。
 話しは元に戻しiPhone11proはカメラが従来よりも広角範囲が広く、ナイトモード搭載で暗がりでも綺麗に撮れるのである。っと言ってもあくまでもスマートフォンレベルでの話で、高価な一眼レフやミラーレスカメラを持って歩いている方には、鼻で返事される程度である。其れでも従来のiPhoneよりは綺麗ので小生的には重宝している。
 そんなiPhoneと今夜入っている女性のカラオケ音痴悩みを聞きながら時間が過ぎる。
◆pm21:50
 御常連さんが来られ、歌好きの様で早速カラオケを歌われていた。小生は時間も時間なので次の店に向かうのであった・・・つづく。
19:42  |  有楽名店街  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT