2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.05.23 (Tue)

風薫る五月にて候

 先週の金曜日、19日5時頃にいつもの様にウォーキングに出掛けようと外に出たら、大きな黒鉛が青空を二つに分けている最初近くの工場から煙が出ていると思い工場の方へ歩いて行ったのであるがぁ“直ぐに違うもっと先で火事だぁ”っと分かり、ひたすら五合橋線を南へ南へっと下って行った。
 しかし行けども行けども現場には近づかず国道43号線から30分ぐらい歩るき、湾岸線を越え処で警察による規制線が張られており先には行けない、けれどもコノ辺りはガキの時分からの庭なので堤防沿いから回り込み先に進んでみた。
 回り込むっと黒鉛が道を塞ぎコレ以上は無理っと判断し状況を観察していた。報道陣は何社も現場の撮影をしていたが、風向きのお陰でニオイ等は一切しない。
 家に帰り暫くは夜中も消防車が走ってはいたが、まさか鎮火するのに22時間も掛かっていたとは知らず、翌日の昼三時くらいに消火完了したらしい…ツイッターなどの情報によると梅田や寝屋川方面まで火事のニオイがしており40件くらいの消防の通報が有ったらしいのである・・・現場はスクラップ工場で、目下出火原因を調べているらしい。

◆5/21(日) pm22:30
 今夜は阪神尼崎駅から大阪方面に二駅にある阪神杭瀬駅からスタート行くところは一つ“スナック うらら”最近は定休日を木曜日に変更し日曜日も営業している。
 国道二号線まで出てくると夜でも『シンゴウがアオにかわりました』っというスピーカーからの機械声が、誰も居ない街に響く…。
 暗い国道に異様に輝くネオンの中に入り二階へ、営業しているのは四店中の二軒であった。少し扉越しに聞き耳をすると微かに会話声が聞え入りやすい感じがし、扉を開けると見た目から後期高齢者の常連らしい方が居られた。
 L字カウンターのL字の処に腰掛けるとママが
『アサヒビールを切らしちゃって、キリンかサッポロしかないの…』
 小生は基本キリン派なのである。しかしいっつも、何処の店も何も聞かずに当たり前のようにアサヒビールを出してくるだけなのである。 当然ながらキリンビールを注文しママ御手製のお通しをあてに、常連さんの会話の邪魔に成らぬように頂く。
 年を取ると結構ひとの話も聞かずなのか聞えないのか?勝手に理解して怒り出すことが多い。うららのママは嫌味一つ言わない地雷を踏まぬように話をするタイプで優しく会話しているのであるが、偶に高齢者は声を荒げる…老人相手の接客も難しい物である。
◆pm23:30
 老人が支払いを済まし帰るっと行っているのに何故か?ママが12時まで居って下さいよぉっと引き止める。
『居るならビールをもぉ一本』
っと言うとママが
『ビールは飲まんで良いんですよ』
っと言うと急に
『居るんならビール飲むわなぁ!!』
っと声を荒げる…黙って帰しときゃイイのに…っと思うのはココに居ない方でもそう思うであろう。

◆0:05
 其れからも何度か擦った揉んだあったが老人は帰られた。
 嵐が去り、小生もコレを飲干せば帰ろう。少しママと会話、火事の件を聞くと窓を開けていたらしく、急に焦げ臭いニオイがしたので何か部屋で燃えているのかと思うほどであったらしい。やはり大阪方面に風が吹いていたので東側は可なりのニオイがしてたようである。
 今夜はママの御自慢の美人娘さんは居らずでしたが、うららの御客は直ぐに握手っといって手を握られるのが嫌で嫌で堪らないらしい…オッサンは直ぐ若い子の手を握りたがるわなぁ…見ていても気持ち悪いからスナッカーズ諸君はマナーを守り飲んで頂きたい。

◆0:30
 エレベータまで見送って貰い御辞儀をし分かれる。ビルを出ると気温は高いのであるが、まだコノ季節は夜は風が気持ちが良い。交差点の信号は、こんな夜中でも信号の青を知らせている・・・おしまい。
スポンサーサイト
01:11  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.21 (Sun)

風をあつめて 十三編 ①

 今回から数回にわたり阪急十三駅周辺のスナックを訪ねてブラブラとしてきました。 十三は下町と戦後の闇市が発展した場所で、歩いていても各所に昭和が残っており、昭和好きの小生もワクワクする町である。
 十三の地名の由来については、2説が有力です。 ひとつは、古代の土地の区画法である条理制によるとされる説であり、西成郡の飛田を1条とし、北へ順に重ねていくと13条が今の十三あたりになります。 同じく淀川区内の十八条の由来もそれによります。 もうひとつは、淀川の十三番目の渡し場があったところからとされる説です。( レファレンス協同データベース参照)
 駅の西側直ぐがトミータウン、戦後、十三駅西口付近にはトイレがなかったことから、十三本一商店街を通称ションベン横丁と呼ばれ“見返りトミー君”は地域の守り神である。まぁ只の振り返っているションベン小僧の像である。
 数年前に大火事で焼失した横丁も道幅も広くなり、袖振り合うも多生の縁のような見た目の情緒さは無くなったものも復活し営業をしている。
 相変わらず臭い公衆便所は健在である。

 波平通りの磯野波平+鉄腕アトムの看板もシルエットだけが残り通りの名前も無くなっている…事情は多分メチャ怒られたのであろうが、地元周辺の方は今でもココを波平通りと呼んでいる。
 この波平通りを横に入ると五階建てのスナックビルがある。

■タカラビル
 築何年であろうか??古い雑居ビル…入り口から十三らしく18禁の風俗店が午前中から看板ギンギンに営業している…
 ビルの中の様子をっと試みたが風俗色が強すぎて入れないしかし看板に見る“スナックのん”っとか色々あり良さような感じである。
 色の町十三少し先が思いやられる・・・つづく。
21:53  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.19 (Fri)

居心地良き場所

◆pm21:20
 今夜はイイ感じで涼しく湿度も低くて飲みに出るには快適である。
 良い気候の今夜は、高層ビジネスビルが建ち並ぶビジネス街は“淀屋橋”界隈をブラブラしている。コノ辺りはオシャレな居酒屋・焼き鳥屋・お好み焼き屋からイタリアンやフレンチや中華料理店が角々を曲がる度に御登りさんのように驚く、中華料理屋さんの女性定員なんて、頭に御団子を二つ作りセクシーチャイナ服を着て本格的な身なりで、思わず立ち止まりジッと見ていたら睨まれたぁ…。

 大括り(おおくくり)に淀屋橋っといっているが、何処からが高麗橋、何処からが北浜でっという様な事は分からないが、丁度一年前に来た記憶を頼りに“マイクマン”にやって来た。
 一年前と何一つ変わっていないが、1階で営業していたラーメン屋、その名も“ラーメンマン”が無くなっていた((((;゚Д゚)))))))

 ガラス扉を引き階段を上がると、客の来店を知らせるチャイムが鳴る。二階に到着するとマイクマンのママが迎えてくれ、驚く事に小生の事を覚えててくれたぁ
 奥にボックス席、手前にL字方のカウンター、女性は全員がバーテン風で統一された制服でトテモ清潔感があり、店内も一年前のままであった。
 小生は初見である前回来た時には留守されておられた大ママも居らた。
 コノ辺りには全くスナックっといったカラオケを楽しんで飲むっといった店が存在しない…何故なら梅田まで一駅なので北新地や堂山、梅田界隈なら腐るほど飲み屋街があるせいであろう。唯一コノ界隈で飲んで歌えるマイクマンはカラオケが止むことなく営業している。

 土地柄、居られる御客さんは全てワイシャツにネクタイ姿のビジネスマンである。阪神尼崎を一歩表に出ると阪神尼崎の下品さが良く分かる…阪神尼崎には金払って飲んでやっているっといった勘違いしているヤカラが多いのである、実際はお金払っているのであるがコノ場所で飲まして頂いているっという事も忘れてはいけない。そういった店側と客側の気持ちが場を良いムードにするのである。
◆pm23:00
 90分飲み放題のシステムであるが、楽しいので延長する。隣に座る何処かの大学の先生は、あまりに女性スタッフの接客と会話の楽しさに、初めての来店とは思えない程はしゃいで楽しそうで、隣に座る女性二人連れともカラオケを歌っていた。
 
◆pm23:40
 帰りのことを考慮しコノ辺りで退却、本当はもっと居たい…。
 女性に年齢を聞くのは失礼なのでよくは知らないが、コノ店のママは本当に性格も容姿も可愛らしい方である。
 一階の玄関まで見送ってくれた。近いうちにまた行きたくなるカラオケバー“マイクマン”はビジネス街にあるオアシス的存在である・・・おしまい。
00:32  |  番外地篇  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT