2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.07.03 (Mon)

【業務連絡】 ショウコママ誕生日

 7月7日のイベントっといえば“七夕”とトウィンクルのショウコママの誕生日です
 盛大に御祝いしてあげましょう
スポンサーサイト
22:05  |  Twinkle  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.24 (Wed)

業務連絡 トウィンクル

 トウィンクル珍獣生誕祭開催
珍獣チーママは28日が誕生日ですが日曜日なので、前日の27日の土曜日に行われる模様ですハグキむき出しで御待ちしている様なので時間ございましたら立ち寄ってやって下さい
21:26  |  Twinkle  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.06 (Sat)

特捜隊出撃せよぉ!?

 リラックス亭を出て闇夜に導かれるが如く歩く、気が付くと其処はレインボープラザ志ビル…エレベーターに乗り込み六階へ。チーン!っと音とともに扉が開くと薄暗い通路に甲高い欲塗れのホステスの笑い声が空気を裂く…“引き返えさ無ければ”っと心で叫ぶが体が磁石に引きつけられる様に通路の一番奥へと体が進む。
 これから30分、あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです…。

◆am0:40
 扉をゆるりと開け中に入る。久しぶりに見る面子はガラリと変わり、サブボスのチーママ珍獣だけが変わらぬ色の悪いハグキを出しっぱなしで『いらっしゃい…』相変わらず酒焼けした汚い天龍源一郎イヴのような声あった。
 珍獣は気持ちの悪い胸の谷間を強調した服を着ているが小生の目線は色の悪いハグキにしか行かない。コレからもホステスとして生き残りをかけ四十路を機にボディを食事制限とウォーキングで絞ったらしいが、其の様はまるで交尾前の色気づいたメスチンパンジーのようであった。

 他に若いホステスが三人居たが皆まったく知らない顔であった。挨拶も無いまま二人のホステスが客に連れられ何処かへ…其のまま帰ってくることは無かった。

 珍獣と半年前に入店したというホステスさんに、隣には何処の店から来たか知らないハイテンションのホステス風の女性と客。ニューフェイスの眉毛が太濃い彼女(名前は忘れた)は二十歳で何とぉクラリネット奏者らしいこういう彼女のような未来に夢を持つ者の話は、水商売専業の銭ゲバホステスの色と金ばかりの話より断然おもしろい銭ゲバホステスの話のオチはいつも“死ねばいいのに…”っと思うだけである。
 こんな薄汚れたホステス稼業は夢を叶える為の手段としてあってほしい、決して銭!銭!銭!っの最低な人間には成らないで頂きたいものである。

◆am2:00
 珍獣はハイテンションの女性と意気投合し暇なのに酔って声がデカイ((((;゚Д゚)))))))今夜もショウコママは来られる兆しも無いので小生は帰る事に。ビルの下までクラリネッターに見送って貰い再び闇夜に消えるのであった・・・おしまい。

◆おまけ


11:36  |  Twinkle  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT