2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.09.17 (Sun)

風をあつめて 宝塚編-①

 少し用事で宝塚に来ておりましてぇ~なので今回は宝塚で『風をあつめて』みましょう。
 宝塚は尼崎の斜め上えぐらいに位置しており、小生がガキ時分は“宝塚ファミリーランド”っという遊園地があり遠足で訪れた事もあるのであるが、人生で5回くらいしか宝塚には来た事が無いはたしてスナックわぁあるのであろうかぁ??
 JR尼崎駅から“こうのとり”??小生は電車への知識が全くないので知らないのであるが、旅行で乗るような列車で15分ぐらいで到着する。駅に到着すると、さすがはタカラヅカ歌劇が有名なので分かりやすい案内地図があり、とりあえずわぁ地図の下にある商店街を目指てみる。
 山手商店街、正式には“ソリオきた山手商店街”っというみたいである。
 此方にも分かりやすい地図がある、しかしスナックは無いなぁ…
 商店街っと言ってもアーケードがあるわけでもないが、レトロな感じで宝塚らしい高級住宅街にある優しそうな商店街。
 すると行き成りあるではないかぁsnack 美典”読み方は『みのり』??って読むのかなぁ??
 イイ感じのスナックであるが看板意外の情報が全くつかめない…営業しているのか?さえ分からないが、営業していて欲しいスナックである。
 並びに“アルテ宝塚”っというテナントビルがあり、二階に“ラウンジ樹里庵”コレは『ジュリアン』っと読むのであろう、スナックではなくラウンジであるが、尼崎もそうであるがスナックとラウンジの境界線もほぼ無いので覗いてみる…しかしシャッターが閉っており夜に成らないと、店の玄関の様子も伺えないのであった。

 くるっと商店街を一周して踏み切りに帰る手前に“mix loungeこびと”がある。何がミックスなのかは分からないのであるが、店舗は地下にあるらしい…立て看板を置いて下には行けないようにしているので、無理に行くのも不審なので止めておく。
 階段上に料金表がある。ヘネシー1000円響1000円((((;゚Д゚)))))))っと思ったら数字部分のシールが剥がされたのか?剥がしたのか?薄くマジックで、ヘネシー1と0の間に6っと書いてあり、以下も薄くマジックで数字が書かれていた。
 どの街もスナック関係の店は、スナック界のインディージョーンズの冒険心を揺さぶるのである次回は線路の向こう側を探索いたします・・・つづく。

◆追伸
 宝塚っと言えば歌劇と“手塚治虫記念館”である。ここまで来たので来館しない訳にはいかないであろう…っということで覗いてみた。
 玄関を入ると券売機があり、ココで入場券を買う。大人700円でJAFとか何とかで割引もされるそうであるが、小生は何もないので正規の値段で入る。
 平日の昼時に誰もいないであろうっと思っていたが、初音ミクと手塚治虫コラボ展らしく滅茶苦茶ガキ共がいる…
 一通り一階から二階から地下へと観るが全く詰まらん小生が手塚世代でない事を差し引いても全く詰まらない…700円出すならラーメンでも食う方がましっというのが小生の感想であった。

 思い出したぁ…小学生時代に社会見学等で感想文を書かされた時に、こういう風に正直に書くと先生に叱られた事を…今思えば正直な意見を書くと叱られるっという教育を受けていたのかも知れない。
スポンサーサイト
23:13  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.11 (Mon)

風をあつめて 岡町編-②

 今回も前回同様、阪急岡町駅周辺でスナック探し旅である。
 阪急電車からも見える“原田神社”は周りは商店街と隣接しいる。本殿は国指定の重要文化財で豊中市指定文化財っと由緒ある神社、境内も広く本殿が遠く感じられる。ご近所の方々が、商店街に買い物をした帰りには参拝されている姿を見ると、愛されている神様が街に居られ素敵な街だと一目で分かる。
 小生も二礼二拍手一礼で素敵なスナックに巡り会えますようにっと祈願する。

 商店街を抜けると国道176号線に出る。右手に折れて南に下る、コノ日は暑かったのでシャワーを浴びた様に、シャツはビシャビシャ…其れに太陽が真上で日陰を歩く事も出来ない。
 左手に豊中簡易裁判所を確認したら、少し進むとスナックビルを発見

シティプラザ 中桜塚2-31-14
 一階は昼間は喫茶とカラオケで夜はスナックとして営業している“亜樹(あき)”二階三階も上がって写真を撮ろうとしたがシャッターが閉っており、夜に成らないと様子も伺えない。
 因みに1階で営業している中華料理屋さん、絶対に美味いっと小生の本能が訴えている何故なら換気扇から出ている油のニオイが美味い中華屋のニオイなのである暑さでバテバテでなかったら入りたかった…。

 そして阪急岡町駅まで戻って線路の反対側へ足を進めた。少し住宅っぽい感じへ続く道に所々飲食店がある。

snackレモン 岡町北1-5-14
 小生好みの住宅店舗風で看板ロゴも個性的でイイ感じである。求人募集も料金表も無いが、地域に密着型のスナックにボッタクリ価格無しと小生は思っている。


 snackレモンの並びに一風変わった目を引く店がある…『昭和の歌謡史』っと書いており、美空ひばりのポスターが沢山貼られている((((;゚Д゚)))))))
 色々と??っと疑問があるが一つずつ見ていこう。豊中・池田のケーブルテレビで番組を持たれている、次は懐メロの保存会をされており、美空ひばり偲ぶ会を毎月の月命日に開催されている…岡町の美空ひばり記念館的な存在なのかぁ???
 最後に不思議な店にも出会えたし、古き物が意外と沢山残っている岡町は素敵な町であった夏の暑いのはメチャ苦手ではあるが地域に根付いているスナックを見つけた感動には代えがたいまだまだ昼間は残暑続きますが読者の皆様かた御自愛ください・・・おしまい。
00:13  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.03 (Sun)

風をあつめて 岡町編-①

 阪急豊中駅周辺の続きを…っと思っていたのですがぁ諸事情より阪急豊中駅の一つ手前ある“阪急岡町駅”をレポートさせて頂きます。
 阪急岡町駅は下町感タップリと漂う街並みである。駅の近くには懐かしい商店街があり、昭和好きの小生はココを通らざる得ないのである。
 チラホラっとシャッターが閉って次の主を待つ店もあるが、頑張って地域に根付いている。
 懐かしい感じの玩具屋さんも残っており心が和む。商店街を抜けようとした所で左から強い冷風が身体に当たった、見ると昭和商店街の中に近代的なスーパーがある右手側も入り口こそ古めかしいアーケードがあるが奥は此方もスーパーがあって、まるで銀河鉄道999みたいに外観こそレトロで、実はコンピーターの塊であるかのようなぁ印象を受けた。

私は青春の幻影。
若者にしか見えない時の流れの中を旅する女。
         メーテルという名の鉄郎の思い出の中に残れば、それでいい。私はそれでいい。
         さようなら・・・・、鉄郎。

っな事は、どうでもイイ

■ カラオケ・スナック まっちゃん 豊中市中桜塚2-18
 まっちゃんっという店名だけあって多分マスターが“まっちゃん”っと仰るのであろう??。3階建ての小さな雑居ビルの2階にある。昼間はシャツターが下り、中を覗きこむ事は出来ない。
 

■ ほったらかしパブ 一世 豊中市中桜塚2-18-8
 “いっせい”っと多分読むのだと思うがひょっとして“かずよ”かも知れない??スナックっという名称ではないが料金やシステムを見る限りスナックである。しかしパブになっているのでカラオケステージがあるのかも知れないっという謎だらけの店である。
 『ほったらかし』っというところが実に良いですなぁ。

■ ラウンジ リッチ 豊中市中桜塚2-18-18
 此方もラウンジに成っているがぁどう見てもスナックである。尼崎でもそうであるがラウンジとスナックの境界線は場末に至ってはあって無いようなものである。チャージ料金が女性と男性の差が200円しか変わらないのは、コノ辺りの女性は酒豪が多いのかなぁ??

■ ラウンジ由菜 豊中市中桜塚3-10-2
 ビルの地下にあり、はぐれ刑事の安浦さんでも飲んでそうな雰囲気の佇まい…コンピューターに無い手書き文字の店名に、小生はトテモ気に入りましたぁ!
 “ゆうげつ”ってどんな意味?何年ぐらい営業している?夜の岡町で一番に覗きたい店であった。
 今回はココまで次回どうなるのか??小生にも分かりませんがぁ多分、岡町の続きをします・・・つづく。
23:59  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT