2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.06.23 (Fri)

一寸一杯

柳原良平 アンクル船長の夢
 1950年代にサントリーの「トリスウイスキー」の広告に登場し、国民的キャラクターとなった「アンクルトリス」。そのイラストを手掛けた柳原良平(1931-2015)は、イラストレーター、デザイナー、画家、文筆家など多彩な活動を繰り広げ、その作品は多くの人に親しまれてきました。船好きとしても知られ、船や港をテーマとする作品や文章を数多く発表しました。(尼崎総合文化センターH.Pより)
 尼崎総合文化センターで現在も開催されている柳原良平展に行ってきた。柳原氏の名前は知らずとも「アンクルトリス」は目にしたことはあると思う。 何より共感を得たのは、柳原氏が少年期に関西で過ごされた事があるなんてことは、コノ展覧会まで全く知らなかった。
 関西発の柳原良平展は懐かしく斬新でトテモデザインにおいて小生は刺激を受けた。皆さんも後少しで終るので是非観覧してみてわぁ?


◆pm22:47
 阪神尼崎駅近くで野暮用を終えて帰ろうかぁ…?
 しかし喉も渇いているので一杯でけ飲みたいっと思う衝動に負けブラブラっと足を繁華街へと向ける。
 阪神電車の高架下を通ると少し焼けた油のイイ匂い…“串カツあさひ”である。B級グルメに位置づけされるのかも知れないが、あさひの串カツは新世界の串カツより味において上だと小生は思う。
 高架を抜けると左手に尼崎戎神社がある、そう言えばもう直ぐ戎神社の夏越祭り「芽の輪くぐり」をして半年間の日常生活中、知らずに身についた罪や穢(けがれ)を落とす祭りである。
 まぁ祭りの話は、其の時にまた詳しく話すことし神社の手前にある“寺小舎(てらこや)”を久々に覗く事にしよう。
 一瞬引くのかぁ?押すのかぁ?っと迷う少し建て付けの悪い扉を開け中に入る。御客さんは誰も居らず、ママももうソロソロ閉店かなぁっと思っていたに違いない空気が流れる中、カウンターに座る。
 キンキンに冷えた瓶ビール能書き者が自慢げにビールは少しヌル目で泡わぁ・・・ダメダメ絶対にキンキンに冷えたビールが美味いに決まっているざるそばは、全部お汁にシタして食うのが美味いに決まってるまぁ関係の無い話である。
 以前にも述べたが、ママは山口県出身である。しかし山口県の事はあまり御存知でない…例えば山口一の繁華街はどこ?っと訪ねても全く御存知でない。何年か前、帰省なさった時に食べた鯨の竜田揚げや御刺身が山口県てコンなに美味しいのぉと知ったくらいである。
 若い頃に関西に出て来られたせいもあるのか?ご同郷の方が来店しても、普通なら故郷話で盛り上がるところであるが、そうは成りそうも無い感じがする。
◆pm23:40
 ママの結婚の馴れ初め話で笑いながらビールを飲干したので帰る。そもそも0時閉店なので、綺麗に帰るのがスナッカーズである。
 お会計は1,100円ちなみにカラオケは一曲200円で火曜日はカラオケ無料。昭和の良きスナックがココにはある・・・おしまい。
スポンサーサイト
22:01  |  寺小舎  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.14 (Wed)

不撓不屈

◆pm22:30
 先日、井上竜夫師匠宅に手を合わせに伺った際に頂いた二個の会葬御礼の内、一つをハローズのショウコママに渡す。店はカウンター席が満席であったので出直してきますっと言い残し店を後にした。
 親族の方にも感謝して貰い此れでホントに全て無事に“井上竜夫お別れ会”が終った感じである。しかしコノ街の腐った処も色々眼にして腹の立つこともあったのは正直なところでもある。
『うちの店は関係ないから…』
『協賛店さん同士仲良くやられているのに、お邪魔かなっと思い行きませんでした』
『テレビ局が来てたなら行ったら良かったぁ
 なぜ同じ町内で同じ商売をしていた方が亡くなって、写真を観てあげることでコノ街から御見送りをするだけの会に、コノ様な事が言えるのかぁ?別に来たくなければ来なくても良い、忙しい事情も店それぞれ人それぞれ御有りかと思う、しかしコノ様なことを無神経に言える人はアホ以下としか思えず、人としてどうなのかと疑ってしまう。

 其れでも小生は快く二つ返事で協力してくれた人の為に、コノ街の為に、コノ街と生きていきます。
21:54  |  寺小舎  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.21 (Fri)

一言が言えなくて…

【洋食・中華 マルヤ】
 ココは、いつから存在するのか知らないがぁ昔っからある尼崎では有名な食堂。御高齢の為に少し足を悪くされている御主人の作る料金据え置き規格外ランチに小生も青年時から尼崎市役所に用事のある時は食事している店である。
 洋食中華っという今の時代には特殊的な店であるが、小生はワンパターンでトンカツランチしか食べた事がない。
 相席は当たり前の昭和丸出しの店内、高い位置に据えられたテレビを観ながら黙々とみんな食べている。決して洒落た味では無いかも知れませんが、昭和世代には堪らなく懐かしい味と時間を呼び戻してくれ御腹も心も満たしてくれる。
 店主の年齢から考えると後、何回ここで食事できるのかぁ?是非一度お昼に食べに行ってください。

◆pm11:40
 キャラを出て帰ろうかと時計を見ると少し早い…やはり天辺を回らないと飲んだ気がしなくて寝れないので最後に、もう一軒っと思い0時閉店の“寺子舎”で瓶ビール一本だけ頂く為に覗いてみた。
 閉店時間も差し迫っているので、突き出しも断り冷えたビールを頂く。やはり小生はビールが好きであるお酒飲んでるっという気分にもなり御腹が膨れれば飲めないっというりミッターも飲み過ぎずよい。
 ココはテレビがホステスさん代わりでニュースや深夜のバラエティ番組に皆で突込みを入れながら飲む。多分ココで飲んでいる常連さんは小生もであるが一人身の方が多いのでコノ様な時間が何よりも楽しくてココに来るのではないかと思う。

◆am0:00
 小生のモットーは時間厳守なので帰る。飲んでも飲まれるなぁ故に一言突き出しは要らないっと言いましたがぁおしぼりは欲しかった・・・おしまい。
00:05  |  寺小舎  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT