2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.05.12 (Sat)

Mother!s Day Week ③

◆pm22:30
 三寒四温っというが極端に暑かったり、今夜のように涼しいを通り越し、ひんやりとしていたり着る物に困ってしまう。金楽寺町にある“SNACK ロン”ココにも小生の母が居る。金曜日なので満席覚悟で入ったのであるが御客は二人っと淋しいものであった。
 カウンター席の中央に腰掛けてママにカーネーションの鉢植えを手渡した、大変喜んで頂いたが、其れほど高価な物でもないので此方が恐縮してしまう。
 小生は黙って飲んではいる、幾つに成っても色恋に年齢制限はない後期高齢者のカテゴリーに区分されてもおかしく無い方々でも色恋お盛んである…っと言うのも酔いに任せ下ネタを用いて良い御歳の方がコレ又良い歳のホステスさんを口説いて窘められて流されているのである…。性欲に年齢という限界が無いのに小生も将来に明るい希望がある事を確信し飲んでいる。
◆pm23:40
 まだ仕事を残して出てきたのでコレにて失礼させて頂いた。
 足の悪い傘寿も通りしママは生きていれば小生の母上に近い歳である、長く元気で居て頂きたいものである・・・おしまい。
スポンサーサイト
22:32  |  snack ロン  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.09 (Mon)

花祭り

 コレは笹川良一の“孝養の像”。笹川が59歳のとき、82歳の母親テルを背負って金毘羅参りのため、785段の石段を登っている様子を表している。
 笹川良一について述べ出すと長くなるので像について話すと、尼崎の競艇選手宿舎にあるもので、コレが全国の競艇関係所に複数存在するとは知らなかった。
 「母背負い 宮のきざはしかぞえても かぞえつくせぬ母の恩愛」っと碑文が刻まれている。子供の頃は分からなかった意味…今は胸が痛い思いで言葉を噛み締めている。

◆pm21:40
 国道二号線から入ると尼崎の郵便本局の側する通り、ついコノ間まで市場や数多い飲食店が並んでいたが、近年建売住宅に変わり静かな通りに成ってしまった。
 スナックと呼べる店も三軒残るのみ、これ以上スナックが増えるとは考えにくいので減る一方であろう。
 まぁそんな事を考えても小生の力の及ばぬ事!取り敢えず一杯飲もうっということで“snackロン”にやって来た。今夜は店内も表同様にシーンっとした感じ…お客さんも一人居られるのみであった。
 カウンターの端に腰掛けると鉢植えに綺麗な花が咲いているのであるが男子たる者、花の名など知る由もない。ただ目の前に鉢植えが一鉢あるのみでいつもと何変わらない店内であった。
 少し御腹も空いておりパクパクっと出される物を口に入れ続けていた。特に白味噌で煮込んだドテ焼きに七味をパッパパッパ振掛けると、焼酎の御湯割りに良く合うのです。ほぼ無言で食べてました。

◆pm22:20
 阪神尼崎OS通りにある“千寿”のママが来られた…日曜日は営業のはずなのに??それとなく会話を聞いているとロンのママの誕生日らしい…「えっ」っと思ったが知らないものはしょうがない。まだ通い出して2年?3年?くらいかなぁ?ママの誕生日は始めて知ったのである。
 お釈迦様と同じ誕生日…どうりで慈悲深い情厚い方である。特に常連さんにも自身の誕生日は言ってないのであろう、そうでなかったら誰も来ていないのは余りにもおかしい、ココに来る方々は皆さん長年ママに世話に成っているはずである。っにしても40年以上の店で誰も知らない??っとは考えにくいのであるが、次回来る時は何か御祝い持って来なくてわぁ・・・おしまい。
22:03  |  snack ロン  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.12 (Mon)

トライアングル

◆pm22:20
 毎日毎日野暮用に振り回されている…御節介…っと言ってしまえば其れまでかもしれないがコレも性分。寝酒代わりに一杯やって帰っても文句言われる筋合いはないであろう。
 子供の頃、自分の部屋を出てリビングに行けば、両親や兄が必ずテレビを見ていたりしている場所…“snackロン”小生にはそんな事を思い出させるスナックである。
 扉を開けるとカラオケの歌が矢のように飛んでおり、小生の入店したのも気付かれないほどであった。それでも気付かれるまで挨拶をしカウンターの端に腰掛けた。
 昼間は温かかったが夜に成るとまだまだ寒い、三寒四温っとは良く言ったものである。したがって焼酎も御湯割りで頂いた、ティファールのケトルが湯を沸かす数分、ママも手作りのゴッタ煮を頂く。
 ココに来ると結構な確立で超高齢者の熱い熱いラブバトルが見られるのであるがぁ今宵もそんな感じである…。幾つに成っても“色”と“欲”に無縁には成らないのだと人の道を遠くに思う。
◆pm23:30
 ママは、いつもパパさんに店まで送り迎えして貰っている、そのパパさんがやって来た…閉店時間である。しかし色恋の炎は酒が油で消えそうも無く、小生はお先に失礼させて貰うのであった・・・おしまい。
22:18  |  snack ロン  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT