2018年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.04.11 (Wed)

継続は力

◆pm22:10
 いつもの野暮用で外出しておりまして帰りに、今夜は阪神電車は杭瀬駅で下車し一杯引っ掛けて帰ろう。
 杭瀬は尼崎の端の端、橋を越えれば大阪市である。尼崎を大阪だと思っている方も少なくないが尼崎は兵庫県にある、しかし電話の市外局番は大阪と同じで“06”から始まる。コレには諸説あるが、尼崎が先物取引に盛んな時代に急を要するので電話で行う為に、当時は電話線を大阪から引いたっというのがコノ辺りの通説として残っている。
 まぁそんな高度成長期前の話…今となっては御覧のとおり人も疎らでしか歩いていない尼崎である。
 シーンっとした街にもスウィングプラザ杭瀬ビルだけは各階からカラオケが響いている。二階に階段で上がり通路の一番奥にある“snackうらら”にお邪魔する。
 常連さん一人居られたのであるが、小生に気兼ねされたのか?直ぐに帰られた。
 ほぼ毎日のようにツイッターとフェイスブックに更新される一品であるが、広告に偽りありの場合もしばしば有るが、今夜は広告通り以上に写真に無かったローストビーフが添えられ豪華な突き出しであった。
 ママも昨今ガラケーからスマホデビューをして自身で一品写真を撮っては、それ等を娘さんに送って娘さんからSNSにアップして貰っているらしい、コレも親子経営の今時の形かも知れない。

 一品の他に偶に手書きの求人ポスターの写真を投稿しているのであるが、少し前に投稿を見て三人も面接に来たらしい((((;゚Д゚)))))))その内の二人を採用し週末に働きに来ているらしい年齢は少し高目の方々らしいが接客上手で、大変ママも助かっているそうです。何事も続ける事が大事だと教えられる話に感心させられました。
◆pm23:30
 どちらの店のママさんかわぁ存じ上げませんが来られた。大概他所の店のママがスナックに早々と閉めて来られるのは、暇で寝酒代わりにか、愚痴を聞いて貰う為と相場決まっている。同じ稼業で女性同士っといった点では苦労するところは同じ、バブル時の収入の高い時期なら我慢できることも、こうも景気下火では愚痴も増えて当然であろう…。
 ママさん同士の話もあろうっと思い小生はコノ辺りで失礼させて頂いた。赤らめた頬に優しく夜風が気持ちいい…少し歩いて帰ろうか・・・おしまい。
スポンサーサイト
23:13  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.12 (Mon)

雪列車

◆PM22:40
 極寒の中、野暮用で阪神杭瀬駅近くに来ている。寒過ぎてコノまま帰るには凍え死ぬ可能性も然に非ずっということで日曜日も気分次第で営業している“snackうらら”で御湯割りでも頂いてかえろう。
 店内には先客が二人居られた。早速に麦焼酎お湯割を頂き全身冷め切った身体に流し込んだ。
 生き返る…ママと端に座る客の御爺ちゃんの会話が終ったかなぁ?っと思いきや、また初めから始まり終わったかなぁ?っと思ったら、また初めから繰り返されるのを三周くらい同じ話を聞きながら飲んでいる。
 いつもなら今月の休みや毎日の一品を娘さんがツイッターでツイートしているのであるが、このところ一向に更新されないので、娘さんとまた喧嘩でもされているのですかぁ?っと質問すると、娘さんの仕事の関係で入れ違いが多く更新出来てないんです…との事で安心しました。ならばと小生が代打っと称し一品と壁に貼られた休日表を写真に撮りツイートした
◆pm23:30
 フラフラしながら御爺さんも帰られ、聞くと開店時から飲んでいるらしく飲み過ぎである!小生も二杯ほど頂きスッカリ身体も温まったので失礼させて頂いた。家に帰ってまだまだやる事を片付けなければぁ・・・おしまい。
20:39  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.18 (Mon)

悲しき老人たちへ

◆pm22:54
 少し野暮用で西淀川まで来た帰り道、阪神杭瀬にある“snackうらら”を久々に覗くことにした。
 スウィングプラザ杭瀬ビルの一階は曜日に関係なくカラオケの声が国道まで響いている。
 階段で二階に上がり、一番奥にある店の扉の上にある朱色地に黄色字で書かれた看板に灯りが点いていた。中に入ると老人が一人カウンターの中央に腰掛けママが接客をしていた。

 いつもなら瓶ビールっと言いたいところであるが、手足の先まで痺れるような寒さの中ココまで来たのでショットで麦焼酎の御湯割を頂いた。
 中皿に三品盛り付けられた突き出しは、ほぼ毎日のようにツイッターで画像をUPされており、今夜もUPされていたのであるが…ずいぶん違う…コレは“日本広告審査機構”通称JAROに誇大広告申請を((((;゚Д゚)))))))
 聞くと自宅で娘さんに写真を撮って貰い、ツイッターにUPして貰い、自宅に一品を忘れて出勤して来たらしい…そういうチャーミングなママなのですですからして、こういった事は日常茶飯事なので黙って見守ってやって下さい。

 まぁそうしている間もママは後期高齢者の一方的マシンガントークを受け続けている。
◆am0:00
 『0時なので終らせて頂きます』っと言っても中々帰ろうとせずに話し続けているが、暫しの沈黙を作ると流石に理解したのか?帰って行った。
 小生は常連さんかと思っていたが初めて来店した“いちげん”であった。老いた客の特徴は“一方的に話す”“話を盛る”“自慢話”“知ったか振り”“注意しても折れない”コノ五点が多い…別に会話を楽しむスナックなので良いのであるが若い女の子相手では皆嫌がって逃げてしまう。
 老いに関わらず、こういう方居られるが、きっと寂しさのストレスがそうさせているのでわぁ?っと小生は思っているので、気持ちに余裕のある時には、小生もフンフンっと納得し聞いてあげる時もあるがぁ、調子乗るのも年寄りの悪い癖なのが困る。

 教訓としては自身は年行っても“男前に飲んで男前に帰る”コレを貫き通したい。
◆am0:30
 二杯ほとお湯割を頂き身体も温もったので男前に帰る。ビルの下に降りるとまだビルの何処からか大声でカラオケの声が国道まで響いていた・・・おしまい。
14:59  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT