2018年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.12.18 (Mon)

悲しき老人たちへ

◆pm22:54
 少し野暮用で西淀川まで来た帰り道、阪神杭瀬にある“snackうらら”を久々に覗くことにした。
 スウィングプラザ杭瀬ビルの一階は曜日に関係なくカラオケの声が国道まで響いている。
 階段で二階に上がり、一番奥にある店の扉の上にある朱色地に黄色字で書かれた看板に灯りが点いていた。中に入ると老人が一人カウンターの中央に腰掛けママが接客をしていた。

 いつもなら瓶ビールっと言いたいところであるが、手足の先まで痺れるような寒さの中ココまで来たのでショットで麦焼酎の御湯割を頂いた。
 中皿に三品盛り付けられた突き出しは、ほぼ毎日のようにツイッターで画像をUPされており、今夜もUPされていたのであるが…ずいぶん違う…コレは“日本広告審査機構”通称JAROに誇大広告申請を((((;゚Д゚)))))))
 聞くと自宅で娘さんに写真を撮って貰い、ツイッターにUPして貰い、自宅に一品を忘れて出勤して来たらしい…そういうチャーミングなママなのですですからして、こういった事は日常茶飯事なので黙って見守ってやって下さい。

 まぁそうしている間もママは後期高齢者の一方的マシンガントークを受け続けている。
◆am0:00
 『0時なので終らせて頂きます』っと言っても中々帰ろうとせずに話し続けているが、暫しの沈黙を作ると流石に理解したのか?帰って行った。
 小生は常連さんかと思っていたが初めて来店した“いちげん”であった。老いた客の特徴は“一方的に話す”“話を盛る”“自慢話”“知ったか振り”“注意しても折れない”コノ五点が多い…別に会話を楽しむスナックなので良いのであるが若い女の子相手では皆嫌がって逃げてしまう。
 老いに関わらず、こういう方居られるが、きっと寂しさのストレスがそうさせているのでわぁ?っと小生は思っているので、気持ちに余裕のある時には、小生もフンフンっと納得し聞いてあげる時もあるがぁ、調子乗るのも年寄りの悪い癖なのが困る。

 教訓としては自身は年行っても“男前に飲んで男前に帰る”コレを貫き通したい。
◆am0:30
 二杯ほとお湯割を頂き身体も温もったので男前に帰る。ビルの下に降りるとまだビルの何処からか大声でカラオケの声が国道まで響いていた・・・おしまい。
スポンサーサイト
14:59  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.06 (Mon)

満二十年

◆pm22:35
 日中17℃ぐらいであったが太陽がサンサンと照らし歩いていると結構暑かったのであるが、日が沈むと急激に寒くなり、只今の気温12℃ほどで今年初のヒートテック装着で出掛けている。
 昨日は満月であったが、今夜の月も中々のハンサムである。月をカメラで追いかけココは杭瀬、久々にスウィングプラザ杭瀬に入る“スナック うらら”を覗いてみる。
 最近は定休日が不定休なので、伺う前はツイッター等のSNSで開店しているか確認が必要であるが、本日はツイートが無い…ひょっとしたら休みかも知れないっと思いながら2階に上がる。

 廊下の突き当たりの看板に灯が入っているのが確認できる。店に近づくにつれ話し声が聞えるので、店内に御客さんも居られる事が分かる。
 扉を開けると一組二人連れの先客がカウンター席に座れていた。邪魔に成らぬように席を一つ空け腰掛けるも、カウンターの上が帰られた客のグラスやボトルが片付いておらず慌ててママが片付けていた。

 『もう何もないですがぁ…』っと申し訳なさそうに付き出しを二品出してくれた。
 久々に飲む『男は黙ってサッポロビール』、この台詞は昔々CMで三船敏郎が言っていた台詞。
 余談ではあるがコノ台詞、サッポロビールの面接に来た大学生が面接官に何を聞かれても沈黙で応えず、面接官を怒らせ帰り際に言った台詞がコノ文句であったそうなぁ。

◆pm23:20
 常連さんの会話の邪魔に成らぬように、携帯をいじりながら飲んでいる。っと時計の時間に気付いたようで帰られた、きっと明日は月曜日なので仕事があるに違いない。
 一本しか冷蔵庫に無かったようで二本目はキリンビールを飲んでおり、コレを飲干したら帰ろう考えていた。
 誰が家を買ったやぁ、店の前で定休日と知らず蓬莱の豚まん持って、後期高齢の常連が扉の前で一時間待ってたやら極々有りがちなスナッック話の中で、コノ店はイベント等は開催しないの?っと訪ねると高齢者が多いのでハロウィンやクリスマスしても皆さんピンっときて無い様でしないとの事…。因みに周年わぁ?っと訪ねると平成9年の11月5日開店したらしい…アレ?今日11月5日…そう今日で満20年であり、来年二十周年なのである。
 ママは自身の年齢も忘れるほどのド天然…そこが此のママさんの可愛らしい処であり、皆から愛される存在なのである。

◆am1:20
 スッカリとママのペースにハマリこんな時間慌てて帰る事にしました。
 店を出ると隣の店からは気分良さ気にカラオケが聞こえてくる…このビルの夜は、まだまだ続きそうである・・・おしまい。
22:38  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.14 (Mon)

迎え火

◆pm22:30
 お盆を迎え、太陽が昇るのを待ち切れず鳴いていたセミも少し静かに成り、陽が沈むと風も出てきて少し秋を感じさせる。
 今夜は野暮用で阪神杭瀬に来ている。お盆で何処も彼処も休みの御知らせが扉に貼ってあったりするが、杭瀬の“snackうらら”は盆休みを頂かない事をツイッターやフェイスブックでも書いてくれているので安心して覗く事が出来る。
 スウィングプラザ杭瀬ビルの道路に面した、おにぎり屋さんのテナントは相変わらずシャッターを閉めており、多分二度と再開しそうに無いような感じがする。エレベーターのエントランス横の通路奥の店からはカラオケの歌声が響いており、繁盛振りを伺わしている。
 二階に上がると営業している店は二軒のみ…奥の“うらら”からも元気な酔っ払いのカラオケが聞える。 扉を開き中に入るとママ一人で切り盛りしているが、ママファンばかりの常連客が陽気に飲んで居られた。
 ママがグラスにビールを注いでくれるが、三分の三ぐらい泡ばかりで冷えていないようである。それも何故か小生はアサヒビールと決め付けられている…瓶ビールの好みは、一番がサッポロビール二番目がキリンビール、そして三番目にアサヒビールなのである。コノ説明を何度も説明しているが理解してくれない

◆pm23:00
 店も忙しいので飲んで食べているが、別に構わないし構っても要らない。何故ならスナック来た感を味わえればイイのであり、逆に隣でベロベロに酔って、何を話しているのか理解できないオジサンに絡まれる方が迷惑な話であるからだ。
 後から来られたフィリピーナのお客が酔っ払いの相手をしてくれて助かった。

◆pm23:30
 ビールを飲干した処で知り合いから連絡があり、常連さん達のお邪魔に成らぬように、ママの見送りをお断りしコレにて退散した。
 外に出ると人通りも無くヒッソリとした街を後にしましたとさぁ・・・おしまい。
23:38  |  うらら  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT