2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.07.20 (Thu)

北新地人

◆pm20:46
 いつ乗ってもJRは慣れない…快速急行も普通列車も京橋までは各駅停車ってどうゆう事??つまり北新地駅までは各駅で止まるのである。
 しかし仕方が無い、阪神電車では終電が早いのでJRでやって来たのであるがぁ平日にも関わらず、北新地はエライ人それに新地本通りは乗り降りするタクシー渋滞で空気が焼けるように暑い。
 もぉ三度も来れば、どの出口から出ればコノ“大川ビル”に一番近いのか学習しており、
『たまに新地へ通とりますねん
っと言っても良いのでわぁ??ってなジョーダンはさて置き、エレベーターに乗り込む。エレベーター内も暑く、蒸し殺されそうで早く八階へ早く八階へっと一人なので大声で叫んでいた。
 エレベーターを降りると“コ”の字に店舗が並んでおり、目的の店は左に折れ一番奥の店“snack玉ちゃん”がある。前回までは開店祝いの胡蝶蘭も残っていたが、流石に綺麗サッパリとしていた。
 店内からはカラオケも会話音も聞えず…そっと扉を開けえる
『あらいらっしゃい
っとカウンターに座るママの元気イイ第一声で、一瞬にして暇で重い空気感が吹き飛ばされる。
  ママとチーフの二人と小生でコレからユッッッックリっと腰を据えて話が出来る。一恵ちゃんママは、今朝はゴルフ場貸切りのアロハコンペ、つまり全員アロハシャツ着用のゴルフコンペに参加してきたらしい。芸能関係から企業の幹部クラスまで北新地のママとも成ると付き合いの幅も広く、付き合いにNOも無い。北新地で店を構えるというのは“一に品格”“二に体力”である。、

◆pm21:30
 扉のカラン♪コロン♪が鳴り、いちげんさんっが開けられた。一応扉には【会員制度】が貼られているのでママの軽い面接があり、
『何かでコノ店を知りましたかぁ?』
っの問いに
『玉袋筋太郎さんの番組を観て、一度来たいと思ってきましたぁ』
文句無く中に招かれカウンターに座られた。真面目そうな50代の男性で少しあがり気味であったが、別の場所での飲み会で勢いを付け、初めて入ったことの無いスナックの扉を開けられたらしく、snack玉ちゃんのコンセプト通りのお客さんであった。

◆pm22:00
 アルバイトホステスさんも出勤して来られママが景気付けにっとAKB48の曲を歌う
 歌の年齢幅が広く、タバコを吸っていないせいなのかぁ?高音域が綺麗な歌声である。気に成る方はフェイスブックの尼崎スナック漫遊記公式ファンクラブである【ザ・スナッカーズ】のページを観て頂ければ動画を少し載せてますので御覧下さい。

◆pm22:30
 やはりママが歌えば客を呼ぶ御客さんが入って来られた。こうなれば盛り上がり期待してきたsnack玉ちゃんのノリノリムードステージでのカラオケ合戦で店中が一つになる。
◆pm23:50
 楽しい時間はアッという間である。2時間7千円の基本システムも大幅に延長して貰っていたが終電が間近かぁ慌てて会計を済まし貰いました。
 そしてコノ店オリジナルのsnack玉ちゃんグラスを購入した。
 しかし購入予定がぁママからプレゼントして頂いたぁめちゃ嬉しい(o‘∀‘o)*:◦♪小生の新しいスナックグッズコレクション入りである其の後、店の御客さん等に頭を下げ『お邪魔しました』っと挨拶をし、ビルの下までママに見送って頂いた。

 それから少し小走りに地下深いJR東西線の長い長い階段を下ると終電よりも結構余裕の電車に乗ることができた。
 尼崎駅に到着すると構内にはアチラコチラに酔っ払いがゾンビのような足取りで帰路についていた。小生は南出口を出て目に入ってきたのは“松のや”…ココにも小生を悪へと誘うトンカツ屋がある…従ってカツカレーを食べ、いつも通り胸焼け後悔コースであった・・・おしまい。
スポンサーサイト
21:35  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.27 (Tue)

小雨降る夜に

 JR東西線普通列車20;39発、松井山手行き…松井山手??って何処なんだぁ??何処に連れて行かれるんだぁ??阪神電車を足としている者にとって、同じ尼崎の電車でも勝手が違う。しかし東西線で各駅ならば必ず北新地駅には止まるであろうっという理屈だけで乗り込む。
 JRの列車は全てでは無いが、車内の天井にテレビモニターが設置されており、次の駅と五つ先ぐらいまでの駅名が表示される。尼崎→加島→御幣島→海老江→新福島→北新地、北新地に止まることを確認でき安心して到着を待つ。

◆pm21:00
 電車15分ほどで到着。しかし表示されている出口が地上のドノ辺りなのかぁ?さっぱり分からない…地上に出れば直ぐに理解出来るので適当に地上へ出た。
 結構端の御堂筋辺りの出口であった…北新地の入り口の看板の写真を撮り足を進める。高級そうなクラブやモデル級のホステスさんが客を出迎え見送る、小生には場違い…こういう高級クラブなどは中条きよしでもないと似合わないであろう。
 そんな小生でも北新地で安心して飲めるのはココである。スナック玉ちゃん二時間飲み放題で七千円である。
 廊下には開店花の胡蝶蘭が数こそ少なくなっているが、まだまだ綺麗に咲いている。前回なら扉近くまで来るとカラオケがガンガン成っていたが今宵はシーン…恐る恐る扉を開けると、一恵ママの元気な声で
『いらっしゃーい
 店内には御客は居らずこんな日も有るの?っといった感じでカウンター席に座る。
 いつかは頂戴っとお強請りしたいと思っているビアタンブラーに書かれたスナック玉ちゃんのロゴ入りグラス、飲み応えがある。麦焼酎の水割りを頂いていると団体客来店、一気に店内が賑やかになる。
 間髪を容れずカラオケSHOWの始まりカラオケに連れられてかぁ?続々と御客さんも増えてきた。
 スタッフは若いチーフとホステスさん一人と一恵ママの三人であるが、流石は新地のママ客さばきが巧妙である。カラオケを歌い、全員に注目させる事で客の退屈さを作らないのである。
 其の後も途切れることなくカラオケが続いたが、誰一人としてイヤな顔をみせる:人は居らず、人が歌って時は聞き、偶には一緒に歌い、そして間奏・曲終わりには拍手っと絵に描いたようなスナック騒ぎであった。

◆pm23:20
 そろそろお時間ですっとチーフに言われ、あっという間の楽しい時間が過ぎていた。JRの改札で聞いた最終電車の時間は0時20分、余裕で帰れる時間であった。
 前回お邪魔した際に26日に玉袋筋太郎会長が来店と聞いて覗いたのであるが、29日に変更になったようで、会長に会えず残念であった。
 まぁコレからもチョクチョク来るので、会長に合える楽しみは先に取っておこう・・・おしまい。

◆追伸
 来月、漫才師の二丁拳銃小堀氏による脚本・演出・出演の舞台“snack玉ちゃん”に一恵ママが出演いたします
 東京のみの公演なので小生は応援に行けませんがぁ東京近郊の方は是非とも一恵ママの活躍を刮目せよぉ
21:08  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.14 (Wed)

北新地デビュー

◆pm20:40
 ココわぁ大阪曽根崎新地大阪キタを代表する飲食店街、東京の銀座と並ぶ高級飲食店街である。
 新地本通りはカラオケ映像などでも目にするメイン通り、髪の毛をビシッ着物をバシッっと決められたママさん連中が、如何にも社長さん会長さんのような重役を御出迎え・御見送りする光景を目にする。場末専門の小生には可なりの御登りさん状態でキョロキョロしながら歩いている。

 本通の中程にある「大川ビル本館」新地の中でも一際目立つ大型テナントビル。多くの人通りとは別世界のようにビル内は静かで、二機あるエレベーターも暇を持て余しているように感じた。
 ココの八階にスナックの父である“玉袋筋太郎”会長プロデュースの店“snack玉ちゃん 北新地店”がある。
 人それぞれ新規開拓スナックの入り方は違うと思うが、小生スタイルは先ず扉を少し開け従業員さんに気づいて貰い、人差し指を上げ『一人ですが大丈夫ですかぁ?』っと訪ねる、そして『どうぞ』っと言われてから中に入るのが基本スタイルである。

 中に入りカウンターに腰掛ける前に先日場所の確認に訪れた際にお互いにビックリした形で御逢いしたママが小生に気付いてくれた。その時のエピソードを掻い摘んで話すと一気にスタッフさん達との距離が縮まったような気がした。
 料金は飲み放題7,000円で時間無制限らしい、新地初心者の小生に取っては安心して飲める値段である。
 店は高級感っというよりも、庶民的スナックを念頭に玉袋会長がプロデュースされたらしく、とても居心地が良い。来店されている客層も阪神尼崎のスナックとは全く違い、どこか業界っぽいような容姿と雰囲気の方が多い。働いているスタッフもザ新地の女っという感じは一切しない、親しみやすい綺麗な方ばかり小生は業と取っ付き難いオーラ全開で座っているのであるが、会話をグイグイ捻じ込み且つ丁寧で達者、流石は新地で働くだけの事はある。

◆21:10
 ママが来られた、お名前を“八木一恵”ママ。ザ新地のママに変身しておられ、昼間お会いした時とは容姿こそ違えども、ひょうきんで艶っぽい特に新地を気取るで無し親しみやすいママである。ユーチューバーなのか定かではないが、歌唱熱唱されている姿を可なりの本数アップされているので皆さんも是非拝見してみて下さいボリューミーな身体から発する音圧のある声は必見です。

 少し御話を聞かせて頂くと、一恵ママは北新地一筋で来られバブルの景気の良い時代の北新地も知っている重鎮であった。スナック玉ちゃんの赤坂店も任されているらしく、月に三度ほど東京に行かれたり、来月には芝居にチョイ役で出演とかで可なりの達者なママさんです。
 YouTubuで聞かせて頂いた中で小生がグッときた鈴木聖美の「TAXI」をリクエストすると歌ってくれた。
◆pm22:30
 店内に設けられたステージで店の御客さん一丸となり盛り上がってきた。ママもデュエットや、阪神タイガースが今夜勝ったのでキム・ランヒの名曲「あんたの大阪」を熱唱コノ曲は関西スナックでは定番中の定番小生も大好きな曲である。

◆pm23:40
 楽しすぎるスナック玉ちゃん最高スナッカーズのツボを完全に完璧に押さえているしかし小生も帰らないと行けない…ちなみに基本は0時閉店であるが、その時の状況次第で営業時間の延長も有り得るらしい。
 会計を済まし周りの御客さんに頭を下げ玉ちゃんを後にした。エレベーターで下まで一恵ママに見送って頂き、貴重な体験と充実した時間に感謝し硬い握手をして別れた。
 
 小生がスナック玉ちゃんの場所確認で昼間に訪れた際に、人が居てる筈も無いと思っていた真っ暗な廊下で互いに驚いた初対面のエピソードが、何十年経っても笑えるエピソードで有りたいと心から思う一夜でした・・・おしまい。
13:24  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |