2018年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.02.15 (Thu)

スナックの師は人生の師

◆pm21:40
 阪神間には名高い酒造メーカーが並んでおり、それをアピールする為のラッピング電車が先日より走っている。
 電車には詳しくないのでコノ車両だけなのかぁ?見たり乗ったりするとラッキーっと巷では言われているのであるが、結構の確立で梅田駅で見かける…。
 ラッキーな事が有るのか?無いのか?あって欲しい北新地にやってきた。
 三連休も終わり人通りも少し少ないように感じるが、歩かれている方は景気良さそうな陽気な笑顔の方ばかりである。

 今夜は“snack玉ちゃん北新地店”に伝説のスナッカーズこと我らが『玉袋 筋太郎』師匠が来られている。ビルの八階に降りると賑やかな声が廊下まで響いている。
 中に入ると満席状態であったが、いつもながら八木ママが小生の為に一席カウンターを空けて置いてくれている。並びを見ると玉袋師匠は既に出来上がり状態で座っておられた。全御客さんの席に付いて話をしてくれるので、その内に小生のところにも来てくれるであろうっという事は分かっているので、それまでココで働く優秀な“玉ガールズ”たちと楽しい会話をする。

◆pm22:00
 八木ママが先日誕生日であった小生に誕生日の歌を歌って下さり、皆さんに祝福して貰った。
 ママの声でしか聴いた事の無い“熊木杏里”??さんの『誕生日』という曲…っていうかココでしか聴いた事のない謎の歌である。誕生日を祝ってあげるのは気持ちの良い物であるが、祝って貰うのは何処かむず痒く照れてしまう…けれど有難うございます。
 玉袋師匠とも記念写真を何枚も撮って貰い恐縮してしまうのであった。
 ちなみに、このフレームはママに依頼され小生が夜なべして作った手製のフレームである。他にも記念撮影用にsnack玉ちゃん北新地店ロゴ入りのプレートもある。
 北新地店に来店時には是非ともコレを使ってインスタにアップして貰えれば“イイね”の嵐間違いなしである

◆pm23:00
 いつも御世話に成っている社長さんからシャンパンのプレゼントを頂き再び謎の誕生日歌である『誕生日』をママに歌って貰った。
 別にディスっている訳でなくコノ歌はとても良い歌詞なのよぉただ小生が無知であるだけの事を言っているのである
 玉袋師匠から来店者に向けての感謝を込め謝辞を述べられ、恥ずかしながら小生の御祝いも頂いた。詳しい内容は書けませんが、二日間にロケで今回は来られ関西テレビで放映らしく関係者の方々も来られており、関西テレビさんにも御挨拶されました。

 コノ辺りから段々っと時間の感覚が分からなくなり気が付けが終電を逃しておりまして…玉袋師匠もいつの間にやらホテルへ帰って行かれたそうなぁ・・・。
 閉店帰りの“メンバーズ八木”から美空ママと歌手の梶彩美さんが来られハシャイで居られたのを断片的に憶えています…。

◆am1:30
 ほぼ全員の御客さんが帰りました。残っているのは玉ガールズと北新地唯一のスタンプ50個貯め黒帯に昇格された有段者スナッカーズと小生…あと関係者の女性が、あしたのジョーの最終回を彷彿させる様な真っ白な灰になった姿でBOX席にいる。

 皆さんご存知か?カラオケで音程が狂うと画面上でシャッターが下り、カラオケが中断すという採点ゲームがある事を?此れが最後まで歌え切れる人が出るまで帰れませんゲームを何故か小生提案で始まった。
 ママは音程力・歌唱力ともにバランスが取れており楽勝で最後まで歌い切るのであるが、安定力の無い小生は何度挑戦しても途中でシャッターが下り残念な音楽が流れ終わる・・・その内に小生が歌い切れるまで帰れないっというルールになり、全く帰れるような気がしない…小生は今も歌い続きているかも知れない・・・おしまい。

◆追伸
 snack玉ちゃん赤坂店では現在熊本県とコラボし、熊本地震復興の後押しをしている。スナックを通じ多くの方々に熊本をアピール出来ればと企画された物である。以前もブログで書きましたが小生の叔父叔母は熊本県に居り、幼少の頃に行った楽しかった思い出の無い熊本城が壊れているのを見て心が痛みました。
 コノ企画期間中は赤坂店は看板も“snackくまちゃん”に代えグラスまで作成その貴重なグラスを八木ママが東京から態々取り寄せて下さり、そして玉袋師匠からサインを書いて頂きプレゼントして貰いました。また一つ宝物が出来ました、スナックは心友が集まる場所なのである。
スポンサーサイト
15:26  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.07 (Wed)

新地で食事

◆pm17:30
 今夜は普段よりも北新地にてクラブ活動の時間が早い…っというのも小生には珍しく同伴なのである。幾つか理由があるが、小生は同伴が嫌いっというよりも、余り人と食事するのが苦手なのである…気を勝手に使って食べたような気がしないからである。
 約束の時間まで余裕があるので、一回では周りきれない数の多い北新地のスナックビルを探索し写真を撮って時間を潰す。

◆pm18:30
 時間丁度に待ち合わせ場所であった、国道二号線沿いにある薬局屋の前に現れたのは“snack玉ちゃん”の八木ママである。同伴ドタキャン食らったらしく午前中に寝ている小生にメッセンジャーで『予約している店があるので、どうしても行って貰わなければ私の顔が立たん』っということで半ば強引な御誘いであった。
 薬局屋が入るビルの二階にあります“板前焼肉一笑北新地”(大阪市北区曽根崎新地1-5-18 ゼロ北新地ビル二階)にて食事、入り口横には刺しの入った高級牛肉がブロックでショウケースから迎えてくれる。
 店内で肉の写真撮ったりしていると、田舎っぺ丸出しみたになので一枚も写真は撮れませんでした注文の全てママに御任せで注文して貰ったのであるが、出てくる肉全てウマイ((((;゚Д゚)))))))肉だけではなく、キムチも普段小生が食しているキムチとわぁ比べ物にならないくらい美味いしかしチョイチョイ注文した物と違う物が出てくるのであるが、まぁ忙しそうなのでしょうがない程度に小生は思っていたのであるッが、北新地番長の八木ママはイライラしている…。
 最後にデザートを注文した、小生はアッサリと柚子アイスを、八木ママは表面をカリッと焼き上げた名前の難しいプリンを注文。しかしこのプリン…表面が焼き上がっておらずママの逆鱗に触れ再度やり直しを命じられ、再び来たプリン…何と先ほど厨房に戻されたプリンに、再度砂糖を掛けて焼き直した物だったらしく、表面の下がジャリッと砂糖まみれであった、完全に番長を怒らせた。
 会計を済ませエレベーターに乗る時には店長は勿論、全店員で頭を下げての御見送りであった…恐るべし北新地番長ぷりっであった

◆pm19:45
 スナック玉ちゃんに入ると御客さんは来ておらず、皆で乾杯した。すると先程の一笑の店長さんが従業員一人を連れ態々プリンを持って来られたぁ((((;゚Д゚)))))))
 神対応っという言葉は余り好きではないが、これほどの誠意と謝辞を示してくれた店長さんを誰が責めれましょうかぁ八木ママもコレには『何?何?全員分ないの??』…もう許してあげてくれ
 しかし一口食べてみると、先程のとは全く表面のカリカリ感といい中のプリンといい違う…此れが正解の味であったのだ。北新地で商売をするもの同士のプロの姿勢を正直感じた貴重な経験をさせて貰った。

◆pm21:00
 仕事帰りに食事をして二軒目にスナックという定番ルートを辿り、一人また一人と御常連が現れた。昭和から平成に成ろうとも一丸と成って盛り上がるのか歌である。歌声喫茶から流し、そして8トラカラオケが出だし一気にスナックに普及、レーザーカラオケから現在の通信カラオケと繋がる
 しかしいつの時代も酒と歌が人の心を繋いでいく。
◆pm22:00
 今夜は出発が早かったのでコノ辺りで小生は御開きっとさせて頂き、今夜は余裕で電車で帰れましたとさぁ・・・おしまい。
14:33  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.05 (Mon)

オバケのロック 完結

◆am0:05
 スナック玉ちゃんに戻どると燃焼しきった御客さんが、会計をして貰う為にママの帰還を待っており、帰られる際には小生達にも『お先です』と深く会釈し店を後にされた。
 小生も急がなくては最終電車にマジで乗れなくなる((((;゚Д゚)))))))しかし一向に御会計してくれる気配も無く…諦めた…もぉそうなればぁ開き直り朝まで飲もうぞぉ
 ママがお腹空いたなぁ!っということで、タコ焼き・お好み焼き・手羽元などを、このような時間でも普通に出前してくれるのが北新地
 気前のイイ玉ちゃん黒帯有段者の方からの35度もあるメイプルウィスキーの牛乳割りを一杯ご馳走になる…『うまい』文字通りメイプルなので蜂蜜のウィスキー、香り・味共に蜂蜜コレに牛乳のまろやかさが加わりアルコールとは思えない美味さぁ…当然ながら撃沈…。
こうして北新地の灯りは暮れていったとさぁ・・・おしまい。
20:50  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT