2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2019.10.07 (Mon)

キッシュレス論

 10月に入ってから消費税が10%に上がり、其れに伴う慌てて2%・5%の還元の恩恵を受けるべく、PayPayなどのキャシュレス決済用のアプリをスマホに搭載した。しかしクレジットカードと繋げるのか?ネットバンキングと繋げるのか?えっATMからチャージ出来るの?全く小生自身対応できていない
 ココにも同じような悩みを抱えておられる方が居て少し安心…“snackかえり道”のママと悩みを共有しながら一杯引っかけて帰る。

◆pm22:30
 いつも安定して誰も居ないので、ゆっくりマイペースで飲めるのが此処の良い所である。
 しかし昨晩は、『昨日は忙しかった…』との事、近所の知り合いの居酒屋さんのママが、真っ直ぐ帰るには腹立たしいことがあったらしく、ココに来て朝の4時まで営業していたと((((;゚Д゚)))))))
 其れでも多分、嫌な顔見せずに朝まで付き合ってくれるのがママの良い所なのである。
◆pm22:50
 本日の本題であるキャッシュレス決済、今テレビでCMも行われているPayPayとUNIQLOのキャンペーンで、対象ヒートテックを買うと、もう一枚が貰えるキャンペーンが行われているのであるが、ママは既にヒートテックをゲットしたと自慢気に言われ、少し敗北感を味わう…使い方に成れていれば難なくゲット出来るのであるが、まずチケットをゲットしなければならないのである
 ヤフーにログインして…UNIQLOアプリを開いて…っと何とかチケットをゲット出来たが、小生の年齢でもギリギリ出来たが、こんな事を老人たちが出来る訳がない誰の為のキャシュレス決済で、誰の為のポイント還元なんだぁ弱い人に還元してこその制度では無かろうか絶対に安倍総理も、こんな事してないから苦労も分からないでしょうね…アホの辻元清美はまだモリカケ問題が終わってないと質疑を行っている…もっと野党もやる事あるでしょう?っとまた悪い癖で政治話に成って来たのは酔っ払い出した証拠なので帰ろう。
 丁度入れ替わりに常連さんが来店されたので安心して帰るのであった・・・おしまい。
スポンサーサイト



23:14  |  snackかえり道  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.13 (Fri)

記憶のアルバム

◆pm23:40
 こんな遅い時間でも『いらっしゃい』っと快く迎えてくれる店は“snackかえり道”である。
 珍しくと言っては失礼であるが、カラオケで御客さんが歌っている隣のカラオケ店は毎夜毎夜通る度にカラオケの歌声が道路まで聞こえるのであるが、snackかえり道で歌われているのを聞くのは、年号が変わった時以来である。

 外は涼しくなりつつあるが店の中は暑い…カラオケ業者から貰ったと思われし団扇を借り、煽りながらビールを頂いた。
 常連さんと思われし方は黙々と一人、カラオケ採点機能と戦っておられていましたが、満足されたのか?帰られた。

 店内で掛かってくる有線はママの好みのチャンネルで、小生にも共感する曲が多い。サザンの曲が流れれば、賀来千香子・佐野史郎が主演されていたドラマの話になるが「ずっとあなたが好きだった」と続編の「誰にも言えない」がゴッチャに成っており話が噛み合わない主題歌も、どちらがサザンの「涙のキッス」?どちらがユーミンの「真夏の夜の夢」?古いことは良く覚えているようで曖昧なものである。
 コノ記憶の曖昧さから話しは、桑田佳祐が監督した「稲村ジェーン」の主題歌は何でしょう??っとなり稲村ジェーンは知っている加勢大周のデビュー作っいうのも分かっている…しかし主題歌が出て来ない??しかし聞いたら絶対に知っているのである………『全然出てこうへんやん』((((;゚Д゚)))))))

 歌を聞けば、其の当時の自身の記憶は直ぐに甦って来る歌は記憶のアルバムなのかも知れない…。そうこうしていると、次は中原理恵の「東京ららばい」が流れ出した…今は便利!中原理恵は現在は何歳なんだぁ今何をしているのだぁ直ぐにスマホで調べられるのである。
 スナックに行けば何かしら会話がある楽しい場所である。最後にママに「東京ららばい」を熱唱して貰った…レコードを買って持っている訳でも無く、当時は歌番組も多くて、聞き覚えだけで歌えるのであるこれぞ昭和歌謡でスナックである・・・おしまい。

◆追伸
 さっきの「稲村ジェーン」の主題歌jは思い出せましたかぁ?正解は「真夏の果実」です
21:18  |  snackかえり道  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.14 (Wed)

暑中見舞い2019

「精霊馬・精霊牛」
 小生の住む尼崎には余りコノような風習は見かけないのですが、ドラマや映画などで御盆を演出する時によく見かける。
 お盆の時期に、ご先祖様や故人の霊が家に戻って来る為の乗り物として「あの世からキュウリの馬で、一刻も早く家に帰って来られ、茄子の牛で少しでも長く現世に居て、ユックリ帰って貰いたい」っという意味がある。
 ご先祖様を思う心、忘れてはいけませんね。

◆am0:00
 夜中に仕事のデータを持って知人宅に行くと留守…手土産にアイスクリームを持っていたので、このまま自宅に帰っては、その間に溶けてしまう此処から一番近いのは“snackかえり道”なので御土産宛を変更して向かう。
 店内には近所らしい常連さんが一人居られた。早速に訳を話しアイス渡すと、袋の中にレシート入っていると言われた…べつにイイやん。
 ママは開店直前に帰省先から帰られ、お疲れであるかと思いきや、そうでもない…多分、自身は車の運転していないからであろう。場所は兎も角、車が無いと買い物等も出来ない僻地らしく、ジュースの自動販売機までも車で20分くらい掛かるらしい。
 しかし家も目にある川で童心に帰り親類一同で遊ぶのが楽しみらしい。
 小生には田舎なる物が無いので、帰省の思い出などは無いが、川の水は冷たそうで、海みたいに塩水でベトベトせず聞いているだけで涼しそうである。

◆am1:10
 瓶ビール二本ほど空け、今夜はコノ辺りで帰ろう。店の周りの住民方も帰省されているのかぁ?静かに感じる…後は早く暑い暑い夏よぉ終わってくれ・・・おしまい。
21:47  |  snackかえり道  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT