2020年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2019.11.06 (Wed)

木枯らし

 この“徹子の部屋”のオンエアー前に伺ったきり来ていないので、彼是7ヵ月ぶりくらいに成るのか…今夜は“プロボウラー大谷茂子の店スナック 路”を覗いてみた。
◆pm20:30
 駅に設置している温度計は14℃を示しており、結構寒い。
 駅から阪急伊丹線沿いに3分ほど歩くと、街灯に浮かび上がるように“スナック 路”はある。前回伺った時、店の向かい側は平地の空き地であったのであるが、三階建てくらいの建物が明日にでも出来上がりそうに建っていた。
 扉を開け中に入ると、入り口近くのカウンター席に茂子ママは座り、相変わらずテレビを観ていた。
 店には行って行き成りであるが、外の寒さも有り自然現象に伴いトイレを借りた、出てくるとママが『今日ビール無いのよ…』、ハッ??スナックで瓶ビール切らしてるの??っと思ったが寒いので焼酎の湯割りを頂く事にした。
 小生がカウンター席に着くと、焼酎の湯割りを、取っ手の付いた耐熱カップに入れられ運んで来てくれた。其のまま後は、先程に続きカウンター席に座り、“第二回プレミア12”のベネゼエラ戦を観だした。
 多分ココに来る方は、特にスナック接客をして貰えないのである。ホステスはテレビ、故に暇なのである…。往年の宝塚ファンで「加茂さくら」さんに会えるのなら、一度は行きたいと思われるかも知れませんが、現実いているのは妹さんで元プロボウラー「大谷茂子」ママ。それも第一線を退き、今ではボウリングも年に一度する程度…。此れでは若い世代どころか、中年世代もココに来店する事は望めないであろう。
 ママ本人が道楽でスナックしているのであれば其れで良し、小生がとやかく口を出す事では無い。小生がココに来るのは、自身の母親くらいの年の方が、頑張って店を切り盛りしているのを応援がてら覗きに来ているだけである。

◆pm21:45
 二杯ほど湯割りを飲み、体も十分温まったのでコレにて失礼させて頂く。帰りは世界一のラーメン屋が待っているのだ・・・つづく。
スポンサーサイト



20:04  |   |  EDIT  |  Top↑

2019.05.10 (Fri)

Mother's Day 2019 ②

◆pm21:00
 阪急塚口駅北側は、尼崎でもオシャレで渋い店も多く、お酒の入った若い女の子たちの少し高い声に包まれている。そういう女の子たちは、たまに突拍子なく周りを気にせずに、踊りだしたりするので体が当たらぬように、気にしながら追い越して歩く。
 阪急伊丹線の線路沿いからは、人通りも少なくなり寡黙に駅に向かうサラリーマンしかすれ違わない。暫く行くと今夜の目的地である“スナック 路”が薄明りの線路沿いに浮かんで見える。
 扉を開け『こんばんわぁ…』っと中に入ると、不思議そうに此方を見る茂子ママ…『あぁ…久しぶり』っと思い出してくれたようだ。
カウンターに腰掛け瓶ビールを注文、此方はアサヒのドライしか置いていないので、ドライを頂く。以前に『ママも一杯どうですか?』っと進めたことがあるが、一切飲まれないのである。
 
 ゴールデンウィークの事を尋ねると、月曜日定休以外は通常営業していたらしいのであるが、全くの暇…三月四月は全くダメでしたっとの事であった。尼崎の他のスナックでは、少なかれ三月は送別会や歓迎会が行われるが、70代や80代の御爺様相手の店なのでそういった事に利用されることが無いのである。
 小生から茂子ママに、陳腐ながらも母の日のプレゼントを渡した。大変喜んで頂きカウンターの端に飾ってくれた。

◆pm22:00
 実家に帰郷した息子の様に、只々二人でテレビ観ながら飲んでいると、昔の乳母車みたいな歩行器を押しながら、大丈夫ですか?っと思うくらいの御爺さんが入って来た。
 『この間に話した…高級な水…注文するのか…聞きに来てん…』っと電話でも済ませれる用事で、何処から来たのかは知らないが、バスに乗って来たらしい。ママは一言『いらんそんな事より飲んで行くの?』全くお金も持ってなさそうな御爺さんは、其れを聞きにだけ、やって来ただけらしい…こういう方ばかりなので、送別歓迎会など無縁なのも納得する。
 イイ切っ掛けなので、小生は帰ることにし、会計を済まし、お釣りの500円を持って次に向かうのであった…。

◆pm22:30
 JR塚口駅。見渡せば目的の物が無い…途方に暮れていると、さっそうと軽トラックがコインパーキングに入った。小生が待っていたのは、屋台のラーメン屋である。
 オヤジに『今夜は休みかと思った』っと言うと、申し訳なさそうに、だいたい10時半くらいからココに来て、其れまで街中を流しているとの事であった。
 暫く待っていると、いつもの小生の大好きなラーメンが出来上がり、先程の御釣りで貰った500円を渡す。汁の最後の一滴まで飲み干し『あぁ…ごちそうさま』、満腹で腹も心も満たされ帰るのであった・・・おしまい。
19:51  |   |  EDIT  |  Top↑

2019.01.30 (Wed)

プロボウラーの顔

◆pm21:30
 相変わらずの野暮用で阪急塚口まで来ている。オシャレ居酒屋の立ち並ぶ街で唯一覗けるスナックはココ“snack路”である。
 扉を開けると、金持ち友達家のキッチンリビングに御邪魔したような感じのカウンターで三人婦人会議中…どのような御関係か知りませんが、お客さんが来たぁ!っという感じでお姉さま二人帰られ、小生は適当に座らせて頂いた。
 近くに来たら最近は必ずココを覗くが、瓶ビールを一本飲んで帰るつもりだ。
 茂子ママは来年で傘寿かなぁ?肩書はプロボウラーである。最後にボウリングしたのはいつですかぁ?っと聞くと一年くらい前かなぁ…スコアまでは言われませんでしたが、まだまだ良いスコア出るよぉ!っとの事である。以前は半年に一度、店でボウリング大会を開催していたらしいのであるが、客の高齢もあり現在はしていないらしい。下坂部町にある“大洋パークレーン”ではプロなので現在でも無料でプレーさせてくれるらしい。
◆pm23:00
 瓶ビールは既に一本空けているのであるが、もう一本のタイミングがテレビを、ずっと見てはテレビに突っ込みいれているので、予定通り一本で帰ることにした。そうそうお姉さんの「加茂さくら」の事を聞いたら、『昨日東京で“徹子の部屋”の収録に行ってたのよ、五月のオンエアらしい。』良い情報を聞かせて頂き帰路に就いた。

 阪急塚口駅からJR塚口駅までは歩いて15分くらいかなぁ?中々の距離あるが、それでも行く価値がある屋台ラーメンの「阪神軒」が在るからである。
 10歳くらいの子供を連れた親子が先客でいた、とても屋台のラーメン屋と絵になる風景である。会話を聞くつもりでも無く聞いていると、奥さんが店主に『なんばで金龍ラーメン食べて、たこ焼き食べて帰って来てん!それで帰りにヤッパリ此処のラーメンも食べたいから来てん』…なんぼほど食うてんねん((((;゚Д゚)))))))。知らぬ間に吉本新喜劇の舞台でラーメン食べているのか?っと錯覚させられる夜でした・・・おしまい。
15:33  |   |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT