2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2019.01.10 (Thu)

地図にないスナック

 正月・七草粥が終われば関西ではえべっさんが始まります。
 関東のような熊手に沢山の飾り付けを購入し、きらびやかにする風習も関西には無くも無いのですが、ヤハリえべっさんで笹に派手に飾り付けをして持ち帰るのが此方では一般的です。
 えべっさんで御参りしたら真っ直ぐ家に帰らないと、立ち寄った先で福が逃げると言い伝えられており、この時期はスナックは暇なのである。

◆pm21:30
 今夜は尼崎市公設地方卸売市場の近くに来ております。
 昔は此の市場も朝方からホステスのアフターで、客と寿司を食う姿が見られましたがぁ昔話…市場自体が全く活気も無い、そもそもスーパーに押されて魚屋さん自体が無いこの先どうなる事やら…まぁ其れわぁさて置き、ココに奇跡的にスナックが二軒ある。以前から何故ここにスナックがあるのかぁ?不思議であった…今夜は其の謎に挑むべくやった来た。
 “スナック淳子”と “スナック歩歩(ぽっぽ)”…あなたなら何方に入りますか??スナック淳子は、年配のママさんが出て来て小生好みの老舗スナックの想像が膨らむ…対してスナック歩歩は求人チラシを店外に貼り、若い女性を募集していたりして派手目なイメージがする…。
 扉越しに双方の店に聞き耳を立てるがカラオケは愚か声も聞こえない…たぶん何方も良い店のような手応えは、長年のスナッカーズの経験で分かる。取り合えず今回は“スナック歩歩”の扉を開けてみよう

 いつも通り低姿勢で『一人ですが、よろしいでしょうかぁ?』っと尋ねてから入る。ママらしきカジュアルな服装のアラファーくらいかなぁ?『どうぞぉ』っと中に招いてくれた。
 意外と店内は広い!カウンター8席であるが可なり座席を間引いており悠々っと座れる。後ろのボックス席は12席?くらいかなぁ?ズラッと並んで入り口側に小さなステージがある。何故か壁にはタオルが二枚ハンガーに干され乾かしている…。
 取り合えず瓶ビールを注文、別の常連客を相手にしながらコップに注いでくれる。小生はあまり自分からベラベラっと初見の人に話し掛けない、ホステス鬼軍曹は接客技能を見極める為である。するとママさん途中でギブアップされたのか?別のベテラン風の女性と交代された此方のホステスさんも常連さんには友達のように話しているが、小生の前では借りて来た猫の様である。

 ココまで来ると、小生自身が物凄く話しにくいオーラ全開にしているようで悪く思う…此方からコノ辺りの事を二三質問している内に徐々に距離が縮んでいった。レディには年齢を聞かないのが礼儀であるが、18歳の御子さんを筆頭に三人居られるというので大体の見当はつく、それ以上は野暮である。
 言い方悪いがコノ様な辺鄙な場所で忙しいですか?っと尋ねると、週末は激忙しく本来1時閉店が2・3時に成るのは当たり前らしい…0時くらいから本格的に忙しくなるっと言うので、何処かで飲んで〆に家の近所で飲み納めをするケースのようだ。
 その地域・場所によってスナックの需要が違うのは行ってみないと意外に分からないものである。

◆pm23:00
 瓶ビールを二本飲み干し今夜はコノくらいで退散する。まだまだママとの距離が埋まってないのが次回への宿題店名の由来や何年経営しているのか?も全然聞けていない隣の淳子も気になるので近いうちに又寄ってみたいものである・・・おしまい。
スポンサーサイト



22:27  |  歩歩  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |