2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.06.06 (Tue)

此処にも“こころ”ひとつ

 ローカルテレビ局、小生が住む地域ならば“サンテレビ”や“京都テレビ”などがある。特にサンテレビは甲子園で行われる阪神戦全試合放映したり、懐かしい時代劇をしていたりしていて全国区のテレビ局との差別化を図り、今も我々を楽しませてくれている重要なテレビ局である。
 幾つか歌番組も放送されており、『お前は誰やねん??』っという歌手ばかり出演しているのであるが、小生は意外とコントを見せられているようで、チャンネルを変えたタイミングでやっていたらついつい観てしまう。
 先日、サンテレビで題名も分からない歌番組を観ているとコマーシャルにスナックのCMを目にしたぁしかも阪急武庫之荘である
 しかし電話番号は出ているが肝心の住所が分からないっといったCM…っという事で今夜は阪急武庫之荘でザ・スナッカーズである。

◆pm22:05
 尼崎市には三本の路線が平行に其れも東西に地図でいう下から阪神電車・JR・阪急電車が走っている。南北には線路が無いので其れ等を繋ぐのはバスのみである。小生の住む阪神尼崎からタクシーだと20分ぐらいで阪急武庫之荘駅に到着する。
 駅の周りはスーパーや大型レンタルDVD店があるが歓楽街では無くドチラかというと高級住宅街である。
 少し路地を入ると小さな田んぼが幾つか見られ、蛙がガーガー・グワァッグワァッ鳴いており、夏になると夜でもセミが啼いていたりっと車で20分走るだけで田舎感がハンパ無い…。

 駅の南側をスナックのニオイを辿りながら歩く、すると何とも言えない何と表現したら良いのかぁ?三階建ての鉄筋アパート?一階がテナントで飲食店が入り居酒屋・スナックが幾つも入る棟が4棟ある。建物的にはオシャレであるが、建築年数は可なり古いと思われる。
 目的の“スナックこころ”も直ぐに見つかった。隣の店もスナックで最近開店したようで祝い花が沢山あり、小生が知っている店の名前もあった。
 こころの店の前には料金表がライトで照らされている。店内からは外に漏れるカラオケは可なりの懐メロ歌謡であったが、其れにしてもスナッカーズでも入りにくい入り口…久々の緊張感が走る。

 まぁ四の五の言っていても始まらないので中に入る。っと予想外の二重扉するとママさんらしき人が気付いたのか?内扉を開けて下さり中に招いてくれた。
 入って直ぐのカウンター席に座らせて頂いた。第一印象はテレビより広く感じられたのとママが韓国人で店名とのギャップに、少し勝手な想像を裏切られ驚いた。

 カウンター10席にボックス7席っといった感じでカウンター内も広く奥に本格的な厨房が見え、飲食店用のテナントでも十分使えそうな感じであった。
 ボトルキープやショットでも飲めるようなシステムもあったが、飲み放題のシステムで御願いし瓶ビールを頂いた。その間最後まで小生も知らない懐メロカラオケが流れていたが、余りカラオケの音が広がらないので全然うるさくも無く、誰かが歌っていても全く会話するに問題が無い。
 
 ママさんは50歳半ばぐらいかなぁ??語尾に韓国訛が少し残っている、初対面で根掘り葉掘り質問するのも失礼なので小生の推測でしかないが、店自体は開店から13年間コノ場所で営業しておられるとの事である。何度か、お客さんにも気を使わせカラオケを進められるが、コノ場の空気に合うようなカラオケの選曲が思いつかず苦笑いの連続であった。

◆pm22:40
 『ワタシモ一杯イイデスカ?』
っと仰るので、どうぞっと言うと
『貴方ワ飲み放題、ワタシハ別料金デス』
っと言って生ビールをグラスに入れたのを持ってきた…まぁ別に良いのであるが、結局は帰るまでに半分も飲まないのが解せないのであった。
◆pm23:30
 “スナック こころ”は、御客同士が譲り合い鳴り止まぬカラオケも楽しく、会話も楽しく出来て地元の老齢者のオアシス的な存在であろう、正に真心が行き交う空間のスナックであった。
 っという事で、今夜は此の辺で帰る、お会計は四千円であった。女性はママ以外に居られるのか?定かではないが、親子でとか年齢上の方と飲みに行かれるのであれば、十分オススメできるスナックです。日曜日が定休日です。

 問題といえば問題なのであるが、小生入り口付近に座って居たにも関わらずスマートフォンがぁ圏外今やビル地下のスナックでも見ない圏外表示には驚きましたとさぁ・・・おしまい。
スポンサーサイト
16:09  |  番外地篇  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.19 (Fri)

居心地良き場所

◆pm21:20
 今夜はイイ感じで涼しく湿度も低くて飲みに出るには快適である。
 良い気候の今夜は、高層ビジネスビルが建ち並ぶビジネス街は“淀屋橋”界隈をブラブラしている。コノ辺りはオシャレな居酒屋・焼き鳥屋・お好み焼き屋からイタリアンやフレンチや中華料理店が角々を曲がる度に御登りさんのように驚く、中華料理屋さんの女性定員なんて、頭に御団子を二つ作りセクシーチャイナ服を着て本格的な身なりで、思わず立ち止まりジッと見ていたら睨まれたぁ…。

 大括り(おおくくり)に淀屋橋っといっているが、何処からが高麗橋、何処からが北浜でっという様な事は分からないが、丁度一年前に来た記憶を頼りに“マイクマン”にやって来た。
 一年前と何一つ変わっていないが、1階で営業していたラーメン屋、その名も“ラーメンマン”が無くなっていた((((;゚Д゚)))))))

 ガラス扉を引き階段を上がると、客の来店を知らせるチャイムが鳴る。二階に到着するとマイクマンのママが迎えてくれ、驚く事に小生の事を覚えててくれたぁ
 奥にボックス席、手前にL字方のカウンター、女性は全員がバーテン風で統一された制服でトテモ清潔感があり、店内も一年前のままであった。
 小生は初見である前回来た時には留守されておられた大ママも居らた。
 コノ辺りには全くスナックっといったカラオケを楽しんで飲むっといった店が存在しない…何故なら梅田まで一駅なので北新地や堂山、梅田界隈なら腐るほど飲み屋街があるせいであろう。唯一コノ界隈で飲んで歌えるマイクマンはカラオケが止むことなく営業している。

 土地柄、居られる御客さんは全てワイシャツにネクタイ姿のビジネスマンである。阪神尼崎を一歩表に出ると阪神尼崎の下品さが良く分かる…阪神尼崎には金払って飲んでやっているっといった勘違いしているヤカラが多いのである、実際はお金払っているのであるがコノ場所で飲まして頂いているっという事も忘れてはいけない。そういった店側と客側の気持ちが場を良いムードにするのである。
◆pm23:00
 90分飲み放題のシステムであるが、楽しいので延長する。隣に座る何処かの大学の先生は、あまりに女性スタッフの接客と会話の楽しさに、初めての来店とは思えない程はしゃいで楽しそうで、隣に座る女性二人連れともカラオケを歌っていた。
 
◆pm23:40
 帰りのことを考慮しコノ辺りで退却、本当はもっと居たい…。
 女性に年齢を聞くのは失礼なのでよくは知らないが、コノ店のママは本当に性格も容姿も可愛らしい方である。
 一階の玄関まで見送ってくれた。近いうちにまた行きたくなるカラオケバー“マイクマン”はビジネス街にあるオアシス的存在である・・・おしまい。
00:32  |  番外地篇  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.13 (Tue)

虎と龍

◆pm10:20
 野暮用を兼ねて今夜はJR猪名寺周辺に来ている。ココより西に歩くと産業道路が南北に走り大型ショッピングモール『つかしん』がある。ちなみに“つかしん”の命名者はコピーライターの糸井重里氏である。
 産業道路沿いに北に少し歩くと上に新幹線が走っており、其の手前で尼崎市と伊丹市の境目になる。コノ近くに歌手でFMあまがさきのパーソナリティもなさっている野村洋子さんの店“スナック ねぇ!”がある。
 最近よく覗くスナック 千は洋子さんの紹介であり、何度か千でお会いしたので二回に一回ぐらいは此方にも顔をださねばっと思い来たのである。 “ねぇ!”は月曜日が定休日なので日曜日は基本営業なさっておられてが、小生は日曜日に御邪魔するのは初めてである。

 扉を開けると防音の為に二重扉に成っており更に扉を開ける。カウンターの端に、ひとり常連さんと思われし方が居られるだけで暇そうである。
 洋子さんは歌は勿論歌手なので上手いのは当然であるが料理の腕前も味や盛り付けのセンスも良く、普段さぞかし美味しい物を御馳走して貰っているに違いない
 日曜日しか入られていない大人の女性が居られる、女性は顔を見てもあまり年齢が分からない…っといって初対面のレディに年齢を聞くのはマナーとして失礼其処でついつい目がいくのが手の甲である。女性は一生懸命に顔は御手入れするが手は大事に大事に手入れされる方は少なく、手の甲のシミやシワで大体の年齢が伺える。しかしコノ女性やたら手が美しい…っといって顔が不細工な訳では無いからね
 会話していく内に、彼女は昼間はエステシャンで、しかも経営者らしい其れで納得がいった。しかし学生時代は“ツイスト”の世良正則のファンっと言っていたのでコレ以上知りたがるのは男の野暮なので止そう。

◆am0:00
 先程の常連さんと入れ替わりに、またひとり常連さんが居られ洋子さんが応対している。
 結構ビールを飲んで小生もイイ気分になって来ているのでソロソロお暇しなくてわぁ成らない。最後に洋子さんにクレイジーケンバンドの“タイガー&ドラゴン”をリクエストしたが残念ながらサビしか知らないので歌えないとのこと((((;゚Д゚)))))))後日ラジオのリクエストコーナーで歌ってくださる事を願いながら帰りましたとさぁ・・・おしまい。
00:44  |  番外地篇  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT