2019年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2019.10.02 (Wed)

依頼品

 またひとつ、ガキの頃から世話に成っていた店が消えた…。三和商店街に在る「三和書房」が9月30日をもって、開店から71年の歴史に幕を下ろしたのである。
 小生が小学校の低学年くらいかなぁ?改装して三階建てのビルとなり、当時は三階が漫画・文庫本、二階が学習書籍、一階が雑誌や文学・小説本であった。近年では三階フロアは、カードゲームの遊び場で、小中学生がテーブルでカードバトルをしていた。
 子供の頃に部屋あった、漫画の単行本でビッシリの本棚は、コノ三和書房さんで購入したものが殆どであった。「マカロニほうれん荘」から始まり「北斗の拳」まで、三和書房さんに世話に成った…最近でも、毎週少年チャンピオンを立ち読みしていた(店主のオッちゃんゴメン
 店内販売は終了しましたが、一部教務は継続して学習参考書の扱いはあるらしい。ネット書籍の時代に店頭販売は難しいかも知れないが、寂しい一言である。

◆pm22:25
 ママにある物を電話で依頼されており、出来上がったので持ってたので、飲みに来た。
 扉の向こうからは、平日にも関わらずカラオケが珍しく鳴っいた。中に入ると男性常連客が一人ライブ状態で熱唱を続けていた。
 いつもの様に瓶ビールを頼み、出て来た大根おろしと頂いたのであるが、コノ大根おろしがビックリするくらい辛い大根おろしは擦り方によって味が変わるが、可なりの念を入れた擦り方をされたのかぁ?出されたもの全て食べ切る主義の小生でも、残してしまった…。
 扉が開いて、また一人常連さんがお見えに成ると、独り歌謡ショウの男性が、ママ一人での接客では大変であろう!っと気を利かせて帰られた。

 ところで、ママに頼まれていた物は、11月に行われる周年のポスターである。毎度依頼する提灯屋の店主は、高い大枚払っているのにも関わらず、横柄で偉そうにされると、小生がアモーレに通い出した当初から言われていたので、『ママ俺がまるっきし同じものを作ってあげるよぉ』っと何年も言ってきたのであるが、悩みながらも提灯屋に依頼してきた。
 今回は、もう嫌な思いをしたく無いっという事で小生に依頼が来た。まるっきし同じものという事で、前回のポスターの写真から文字を起こし、寸分変わらぬものを、数字だけ修正して作った。
 別に特別にデザインしたわけで無いので、周年の祝いとして差し上げた。しかし余りにもリアクションが薄いので、作り直して欲しかったのかなぁ??其れならハッキリ言って欲しいのであるが…

◆pm23:30
 キャシュレス払いの話に成ったのであるが、小生も余り理解出来ていないのであるが、ママクラスに成ると、政府の思惑通りとは全く理解されて追わず、簡単にキャシュレスについて説明すると驚かれていた。
 どうも日本人気質からすると、カード払いは怖いという固定観念があるが、消費税10%導入からの、キャシュバック制度を使わないと可なりの損になる。
 ママもスマホデビューを考え出したところで、小生はコレにて失礼させて頂く。外に出るとイイ感じで涼しい、寒い季節は其処まで来ている・・・おしまい。
スポンサーサイト



20:09  |  アモーレ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |