2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2016.12.05 (Mon)

たっちゃんお別れ会日記 完結編ー②

 新喜劇のやなぎ浩二さんや吉田ヒロさんも来て下さり、お別れ会も重みのあるものに成って来た。

◆pm19:50
 先日大変お世話になったFMあまがさきの“三宅奈緒子”も番組終わりに駆けつけてくれ本当に嬉しかったです。ママに三宅奈緒子さんの番組コーナーの“尼人たち”に師匠の話を来年にでもインタビューしてあげてと御願いしたが余りママは前に出る人ではなく苦笑いでしたが、小生的には、こんな俳優が居たんだぁそして皆が知らない竜じぃの話を沢山知って貰いたいのである。
 何より話す事で、お母さんの心の重荷を少しでも軽く出来るのではないかと考えるのであるがぁ、まだまだ四十九日が過ぎて間が無い事で無理もない。
◆pm20:00
 実香さんがライブの為にハローズに向う。その間に吉本興業からの籠花や、新喜劇の帯谷さん来場や、小薮座長かの差し入れ等があり益々お別れ会に箔がついた。ホント失礼な話であるが小生も知らない新喜劇の昔の女優さんも来られ感動してくれ

『お兄さん(井上竜夫)の為に、ありがとう』

っと感謝までして頂いた。

◆pm20:50
 ハローズのミニtライブを終えて実香さんが会場に帰ってきた。次は六階“トゥインクル”で九時から一時間ライブなのであるがぁまたまた機材不良で30分延期…結局はリモコンの電池切れで、此れも口が酸っぱくなるぐらい交換を御願いしていていたのにコノ様であった…。

 予想通りコノ時間帯辺りで余り人も来ず、竜じぃの宝でもある5歳になる孫が会場で元気に暴れ、お母さんで竜夫師匠の娘さんは叱っていたが、多分師匠は元気な孫の姿を見て喜んでいるのではないかと微笑ましく小生は見ていた。

◆pm23:00
 サービス万点でライブを終えたのか少し遅く会場へ帰還、少し疲れや表情の実香さん。そりゃ立て続けに二本もライブ行えば疲れて当然である。しかし次のスケジュールが待っている、協賛店への御礼参りである。
 着替えとメイクを直し、取り合えずハローズで小生も知らないスナックの場所を聞いてスタートビル下の“二刀流”から始まり“Nー26”まで8店舗程周る。

◆am0:10
 会場に帰って来て暫し休憩するも閉店時間を既に回っている。ゆっくりであるが少しずつ展示物を剥がしていく…あぁ何時間も掛けて貼った物を剥がしていく…観に来なかった人は絶対に損したであろう貴重な写真の数々、多分井上竜夫の真実を一生観ないまま知らないままは、余りにも気の毒な事である。

 お母さんは最後まで残ってくれ小生がデータありますから破れても欲しいものがあれば印刷しますよ、っと言ったが丁寧に写真の裏の両面テープまで剥がし大事に袋に積めて全部持って帰られた。
 企画当初は一夜限りのsnackたっちゃん開店のような感じで考えていたが、お預かりした物は芸能生活50年以上の俳優・井上竜夫の貴重な資料ばかりで、店でしか会った事の無い何処に住んでいるのか分からない小生如きを信頼してお母さんの命とも言うべく大切な写真を預けて頂き、小生は少しは期待に応えたのであろうか?天国の井上竜夫師匠は喜んで頂けたのであろうかぁ?

 店のブレーカーを落とし扉を閉めると、現実世界に返ってきたような不思議な体験をしていたかのように思いながら鍵を回し抜いた。

◆追伸
 今回のお別れ会は阪神尼崎スナック街全体から井上竜夫師匠を偲ぶ一夜として開催させて頂きました。
 快く賛同して頂いた上記の方々には深く感謝いたします。大切な協賛金・寄付金は必要経費を差し引き、残り全額ご仏前として責任を持ってご遺族にお渡しいたします。
 ご来場して頂いた方々にも、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト
02:07  |  スナックたっちゃん 閉店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |