2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.02.12 (Sun)

天より与えし職

◆am2:00
 二軒目は御馴染み“おもてなしバルHallos(ハローズ)”である。
 フミ男っさんがガラス壁にラッピングされたハローズの看板ロゴを見て
『あっ平仮名でハローズって書いてある
 コレは開店時からあり、それにカタカナやろぉ…っと残念過ぎるように突っ込んであげた。中に入るとママは出勤しておらず『もぉすぐ来ると思うんですがぁ…』っと言われたがぁ正直コノような時間帯から出勤する??っと半信半疑ながら取り合えず座った。
 フミ男っさんの横にはショウコママの御自慢の息子さんが座られており、何が良いのか理解に苦しむのであるが、彼はフミ男っさんママの大ファンらしく嬉しそうである。ショウコママに一応連絡を取って貰うと20分で来るとの事であったが、其処にいた者全員がぁそんな言葉を信用していなかったがぁ何と本当に20分ほどで来たので一同騒然であった((((;゚Д゚)))))))
 ショウコママに三周年お知らせハガキを手渡し、水商売の大先輩であるショウコママに、三年という月日の早さや苦労をタメ息のように漏らした。
 その話の中で御客さんが接待で店を利用した際に、フミ男っさんママが偶々ミドリ色の洋服を着ており、其れが偶然にも接待会社の社色(会社のイメージ色)で商談が成立し、次回もミドリ色の服で迎えて欲しいっと言われ同じ服では失礼と思い、ミドリ色の服を新調したらい・・・実に良い話である。以前から小生がフミ男っさんママを買っているのはコノ様な気配りが出来るからである、そらぁ偶には粗相もあるが其れ以上に心の優しいイイ女である。
 水商売に本人は向いているのかぁ?分からないと言うが、水商売以外に服を新調するような職業があろうかぁ?天職と言っても過言ではない。

◆am3:00
 伝家の宝刀である“俺、誕生日やねん”っを使い御馳走になり次の店へv(o゚∀゚o)v

 次の店は居酒屋。朝まで営業し、コノ界隈の商業組合長でもある“美酒処呑家(のっち)”
 寒いので小生は焼酎麦お湯割を頂いた、フミ男っさんはテッキリおにぎりを食べるのものと思いきや野菜炒めを注文し、深夜の食事に自分なりの法則で気を使っているようであった。
 小生には両親は亡くなりいないのであるが、フミは何の悔いもないくらいに誠心誠意看病した父親を近年失ったが、まだ母は健在している。今年の正月に二人で食事をする予定が諸事情で流れたらしい。いらぬ事と思いながらも、後何回、両手で数えるだけ母と正月を迎えられるのかぁ?っと言ってしまった…男子たるもの女性が困っていれば見返りを求めず黙って手を差し伸べる。スピカの御客さんも、そうあって貰いたいと願いつつ“俺、誕生日やねん”で御馳走して貰い店を出た。
◆am3:30…??
 もう時間も分からないが国道二号線に駐車するタクシーまで送り、笑いが止まらないほど楽しい小生の誕生日であったとさぁ・・・おしまい。
スポンサーサイト
00:06  |  どっこいしょ尼崎  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |