2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.06.27 (Tue)

小雨降る夜に

 JR東西線普通列車20;39発、松井山手行き…松井山手??って何処なんだぁ??何処に連れて行かれるんだぁ??阪神電車を足としている者にとって、同じ尼崎の電車でも勝手が違う。しかし東西線で各駅ならば必ず北新地駅には止まるであろうっという理屈だけで乗り込む。
 JRの列車は全てでは無いが、車内の天井にテレビモニターが設置されており、次の駅と五つ先ぐらいまでの駅名が表示される。尼崎→加島→御幣島→海老江→新福島→北新地、北新地に止まることを確認でき安心して到着を待つ。

◆pm21:00
 電車15分ほどで到着。しかし表示されている出口が地上のドノ辺りなのかぁ?さっぱり分からない…地上に出れば直ぐに理解出来るので適当に地上へ出た。
 結構端の御堂筋辺りの出口であった…北新地の入り口の看板の写真を撮り足を進める。高級そうなクラブやモデル級のホステスさんが客を出迎え見送る、小生には場違い…こういう高級クラブなどは中条きよしでもないと似合わないであろう。
 そんな小生でも北新地で安心して飲めるのはココである。スナック玉ちゃん二時間飲み放題で七千円である。
 廊下には開店花の胡蝶蘭が数こそ少なくなっているが、まだまだ綺麗に咲いている。前回なら扉近くまで来るとカラオケがガンガン成っていたが今宵はシーン…恐る恐る扉を開けると、一恵ママの元気な声で
『いらっしゃーい
 店内には御客は居らずこんな日も有るの?っといった感じでカウンター席に座る。
 いつかは頂戴っとお強請りしたいと思っているビアタンブラーに書かれたスナック玉ちゃんのロゴ入りグラス、飲み応えがある。麦焼酎の水割りを頂いていると団体客来店、一気に店内が賑やかになる。
 間髪を容れずカラオケSHOWの始まりカラオケに連れられてかぁ?続々と御客さんも増えてきた。
 スタッフは若いチーフとホステスさん一人と一恵ママの三人であるが、流石は新地のママ客さばきが巧妙である。カラオケを歌い、全員に注目させる事で客の退屈さを作らないのである。
 其の後も途切れることなくカラオケが続いたが、誰一人としてイヤな顔をみせる:人は居らず、人が歌って時は聞き、偶には一緒に歌い、そして間奏・曲終わりには拍手っと絵に描いたようなスナック騒ぎであった。

◆pm23:20
 そろそろお時間ですっとチーフに言われ、あっという間の楽しい時間が過ぎていた。JRの改札で聞いた最終電車の時間は0時20分、余裕で帰れる時間であった。
 前回お邪魔した際に26日に玉袋筋太郎会長が来店と聞いて覗いたのであるが、29日に変更になったようで、会長に会えず残念であった。
 まぁコレからもチョクチョク来るので、会長に合える楽しみは先に取っておこう・・・おしまい。

◆追伸
 来月、漫才師の二丁拳銃小堀氏による脚本・演出・出演の舞台“snack玉ちゃん”に一恵ママが出演いたします
 東京のみの公演なので小生は応援に行けませんがぁ東京近郊の方は是非とも一恵ママの活躍を刮目せよぉ
スポンサーサイト
21:08  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |