2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.07.20 (Thu)

北新地人

◆pm20:46
 いつ乗ってもJRは慣れない…快速急行も普通列車も京橋までは各駅停車ってどうゆう事??つまり北新地駅までは各駅で止まるのである。
 しかし仕方が無い、阪神電車では終電が早いのでJRでやって来たのであるがぁ平日にも関わらず、北新地はエライ人それに新地本通りは乗り降りするタクシー渋滞で空気が焼けるように暑い。
 もぉ三度も来れば、どの出口から出ればコノ“大川ビル”に一番近いのか学習しており、
『たまに新地へ通とりますねん
っと言っても良いのでわぁ??ってなジョーダンはさて置き、エレベーターに乗り込む。エレベーター内も暑く、蒸し殺されそうで早く八階へ早く八階へっと一人なので大声で叫んでいた。
 エレベーターを降りると“コ”の字に店舗が並んでおり、目的の店は左に折れ一番奥の店“snack玉ちゃん”がある。前回までは開店祝いの胡蝶蘭も残っていたが、流石に綺麗サッパリとしていた。
 店内からはカラオケも会話音も聞えず…そっと扉を開けえる
『あらいらっしゃい
っとカウンターに座るママの元気イイ第一声で、一瞬にして暇で重い空気感が吹き飛ばされる。
  ママとチーフの二人と小生でコレからユッッッックリっと腰を据えて話が出来る。一恵ちゃんママは、今朝はゴルフ場貸切りのアロハコンペ、つまり全員アロハシャツ着用のゴルフコンペに参加してきたらしい。芸能関係から企業の幹部クラスまで北新地のママとも成ると付き合いの幅も広く、付き合いにNOも無い。北新地で店を構えるというのは“一に品格”“二に体力”である。、

◆pm21:30
 扉のカラン♪コロン♪が鳴り、いちげんさんっが開けられた。一応扉には【会員制度】が貼られているのでママの軽い面接があり、
『何かでコノ店を知りましたかぁ?』
っの問いに
『玉袋筋太郎さんの番組を観て、一度来たいと思ってきましたぁ』
文句無く中に招かれカウンターに座られた。真面目そうな50代の男性で少しあがり気味であったが、別の場所での飲み会で勢いを付け、初めて入ったことの無いスナックの扉を開けられたらしく、snack玉ちゃんのコンセプト通りのお客さんであった。

◆pm22:00
 アルバイトホステスさんも出勤して来られママが景気付けにっとAKB48の曲を歌う
 歌の年齢幅が広く、タバコを吸っていないせいなのかぁ?高音域が綺麗な歌声である。気に成る方はフェイスブックの尼崎スナック漫遊記公式ファンクラブである【ザ・スナッカーズ】のページを観て頂ければ動画を少し載せてますので御覧下さい。

◆pm22:30
 やはりママが歌えば客を呼ぶ御客さんが入って来られた。こうなれば盛り上がり期待してきたsnack玉ちゃんのノリノリムードステージでのカラオケ合戦で店中が一つになる。
◆pm23:50
 楽しい時間はアッという間である。2時間7千円の基本システムも大幅に延長して貰っていたが終電が間近かぁ慌てて会計を済まし貰いました。
 そしてコノ店オリジナルのsnack玉ちゃんグラスを購入した。
 しかし購入予定がぁママからプレゼントして頂いたぁめちゃ嬉しい(o‘∀‘o)*:◦♪小生の新しいスナックグッズコレクション入りである其の後、店の御客さん等に頭を下げ『お邪魔しました』っと挨拶をし、ビルの下までママに見送って頂いた。

 それから少し小走りに地下深いJR東西線の長い長い階段を下ると終電よりも結構余裕の電車に乗ることができた。
 尼崎駅に到着すると構内にはアチラコチラに酔っ払いがゾンビのような足取りで帰路についていた。小生は南出口を出て目に入ってきたのは“松のや”…ココにも小生を悪へと誘うトンカツ屋がある…従ってカツカレーを食べ、いつも通り胸焼け後悔コースであった・・・おしまい。
スポンサーサイト
21:35  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |