2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.09.06 (Wed)

帰ってきた北新地人

◆pm21:45
 小生は東西線北新地駅に降り立った。
 小雨が降ってきたり色々なトラブルに見舞われ、当初予定より40分遅れで来た。
 尼崎は湿度か高く蒸し蒸ししていたのであるが、北新地の風は涼しく身体を通り過ぎていった。
 少し北新地で飲んでいるという優越感もあるのか?たまに勘違いした人にもすれ違うが、この様な方がコノ街の住人ではない事を小生は十分理解している。

 大川ビルのエントランス、エレベーターが客を待ち侘びるていたかのように扉が開いている。乗り込み扉が閉まろうとした時に慌てて入ってくる同伴のホステスさんと御客、小生が行く階よりも先に降りられ、入る時も出る時も必ず『失礼します』『お先に失礼します』っと挨拶をされる…コノ町の住民である。

 北新地で知っているのはココしかないsnack玉ちゃん”である。
 扉越しにデュエット曲の“別れても好きな人”が聞える。扉を開け中に入るとステージで男女が歌われており、ドラマのスナックシーンのような絵に描いた光景であった。
 ママに『お久しぶり』っと挨拶をされカウンターの中央辺りに腰掛をおろした。後ろのBOX席には同じ職場の方々なのか?ホステス要らず状態で盛り上がっている。カラオケが止む事もないが全然嫌な感じもしない、むしろ何の会社なのであろう??っと想うほど楽しそうである。後で聞いたのであるが同じ業種の方の集まりだったようである。
 盛り上がっている様子を、東京は赤坂店に居られる玉袋筋太郎会長とテレビ電話をママが繋げてくれたのであるが、全く誰一人として関心がない…小生だけがテンションMAXであったがぁテレビ電話の音声が聞こえないのが残念であった。

◆pm22:10
 嵐の如く去られ小生だけが取り残されたような感じである。一恵ママが小生にメッチャ美味いからと言って“嘉屋(よしや)”さんっという北新地にしかない、お好み焼き屋さんから出前を取ってくれた。
 この店のチーズ焼きが最高らしく小生に取り分けてくれた。見た目は完全なお好み焼き、中はっというと少量のキャベツに全部チーズやんっと想うほど、ほぼチーズ…こんなの美味しいに決まっている。
 たこ焼きも注文して頂いたが、たこ焼きは想像通りの定番の味である。北新地にしか店舗が無いらしいので是非一度食べてみて下さい。糸を引くチーズは正に和風ピザっと言っても過言ではない。

◆pm22:30
 食べ終わった頃に常連さんらしき三人さんが来られ、内心コレで小生は何時でも帰れるっと想い安堵した。
 ママも盛り上げようとステージで歌う高音も声を張り上げる事無いバランスの取れた歌声且つ、パワフルな声量は優しく聴いていて心地よい。
◆pm23:30
 今夜はコノ辺りで小生は御暇させて頂く事にした。常連さん方に頭を下げ店を後にし、ビルの下まで一恵ママに見送って頂いた。聞くと来週に玉ちゃん来店されるとの事で時間があれば少しでも覗きたい初生玉ちゃんに会えるかぁ楽しみである・・・おしまい。

スポンサーサイト
15:41  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |