2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.10.02 (Mon)

風をあつめて 福島編-①

 忙しい…全くスナックに遊びに行けない…ストレスで爆発しそうです。お昼に大阪梅田で打ち合わせの帰りに一駅歩き福島周辺でスナックが無いか?ぶらついて来ました。
 最近福島周辺は古民家を改装した店などが増え隠れたグルメスポットとしてジワジワっと人気が出て来ている街である。梅田と野田に挟まれた福島は、コレといって大きなスナックビルも無く、どちらかと言えばオシャレなBarの方が多い。
 線路の高架下には幾つかの飲み小路が存在し、手始めに“福ろうじ”に入ってみる。
 入り口には店舗マップがある。中は昭和の商店街のようで天井も今時ではなく低くく、薄暗いどころかぁ薄気味悪いくらい暗い…所々の飲食店で昼のランチをしており御客もソコソコ入っている。
 そんな中で一軒ラウンジとは名ばかりのスナックを発見lounge樹里”の壁には、2時間2000円で飲み放題の貼紙が主張せんばかりに貼られている。
 2時間で焼酎とウイスキーは飲み放題で瓶ビールは二本までっとぉ可なりのリーズナブルな料金設定である。上が駅なので時間一杯楽しめそうココから攻めて飲み屋情報収集したい。

 同じ高架下でなにわ筋を渡った処には“OK壱番街”っという飲み小路がある。
 此方は親父さん向きな感じで、焼き鳥屋が多いなぁ…しかし一軒スナックがあった。
 此方も中に入ると昭和の感丸出しの雰囲気で、平サラリーマンの会社不満の捌け口にはピッタリのドラマのセットのようである。
 小路奥には小言を聞いてくれそうなママが居るのでわぁ?っと思わせる其の名も“スナック かおる
 スナック巡りの醍醐味に妄想は欠かせない何の情報もない扉を開けるスナック、このワクワク感を皆さんにも体感して貰いたいのである。

 ココが壱番館なら弐番館も存在するのか??っと思い又々なにわ筋を戻り高架下を見ているとありました
 “OK2番飲食街”ここまでくると『OK』の意味が知りたくなる。
此方も入り口に店舗マップがある。今回はコレがあるので説明が不要で助かる
 中に入ると壱番館より此方の方が古めかしく感じる…此方にはパブがあるがスナックとパブに違いも差ほどない。イメージ的にはステージがあるのがパブであるが、店内に入ると只のスナックっというパターの方が多い。しかしコノ店がそうであるかは分からない、値段設定も此方は2時間で飲み歌い放題で男性三千円・女性二千円っとココもリーズナブルである。
 マップではおでん・寿し松尾になっている場所は“ラウンジ・カラオケ まつお”に成っている。
 表通りにも大きな料金看板を上げて優良店をアピールされており、此方も入りやすそうで料金も財布に優しい。
 多分一軒が2時間制度を導入したので右になれっで成ったような感じがするが…小生のような安月収スナッカーズ達には有難いシステム其々の街に其々のスナックがあり其々の料金体制がある…奥が深いスナックに学ぶことは多い・・・つづく。
スポンサーサイト
00:35  |  いい街・いい人・いいスナック  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |