2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.10.21 (Sat)

酔街きた新地

◆pm20:40
 焦る気持ちを抑えながら阪神梅田駅を降り西口側から改札を出て、ひたすら南は歩く。今夜はスナック界の父とも言える“玉袋筋太郎”の親分が東京から来られるのである。
 しかし最近購入した自撮棒からの高い目線でカメラを撮るのに凝っており、上から撮ると画面に奥行き出来て素人の小生でも上手く遠近法が表現出来る。
 北新地本通りを“snack玉ちゃん北新地店”までの道中でパシャパシャ撮っている…っと『いらっしゃい』と声を掛けられ見ると玉さん御一行であった。
 後ほど確認すると偶然にも上から撮っていたのだぁ玉さん御一行とエレベーターに乗り込み、同伴してきたかのように店の扉を開けた。

 店は一恵ママの流石は新地ママ営業連絡の御蔭で盛況である。立ち飲み覚悟で来たのであるが、幸いにもカウンターに二席だけ空席があり其処に腰掛けた。
 今夜は一恵ママと三人の若いホステスさん達、小生が知る北新地店の仕事の出来るエースクラスである。御客さんも出来上がっている方が多く声がデカイ暫くすると玉ちゃんのw歓迎するようにカラオケ大会が始まったぁココでは皆ステージに立ち歌い、歌唱力のある方やパフォーマンスが面白い方や、全員がスナックのツボを理解している黒帯スナッカーズばかりである。

 そして北新地名物の一つ一恵ママの歌今夜は高橋真理子の名曲『for you』を熱唱。
 店内一同が感激拍手喝采であった。こうなれば止まらないコレ又、北新地店名物の『蒼いうさぎ』である。
 ほぼ全てがデタラメな手話であるがぁ歌詞に出てくる“うさぎ”の手話だけは正真正銘の本当の手話で、コノ部分だけ店の全員でマネをするのが御決まりに成っている。

◆pm22:00
 カラオケ大会は途切れる事無く続いているが、小生達が座るカウンター席にママの配慮で玉さんが来られた。実は今月に発売された『プロレス取調室』という著者でもある玉さんに前回の『スナックの歩き方』に引き続きサインを書いて頂いた。其れとコレも前回に玉さんが生で歌われた『酔街エレジー』のCDにもサインを頂き、またまた我が家にスナック家宝が出来たぁ暫くは最新刊のプロレス取調室についてお伺いしていたが、御客さん全員に挨拶もあるので早々に席を移られました。前回同様の感想になるが、テレビで観る其のままの方で男の哀愁を漂わす男前であった。

 ホステスさんからハンドマイクを貰い其れを左手に持ち、右手に杖代わりの魚肉ソーセイジ??カラオケを歌うわぁ我らが玉さん歌う歌は何と勝新太郎『座頭市』であった
 流石芸人である其の辺りの面白い人とは格が違うほどに笑い誘い楽しませてくれた。しかし歌のチョイスが凄いし、しゃがれ声で歌うので味があって上手いんだなぁ

◆pm23:00
 流石に座頭市の後は歌も途切れたので、ココで小生が夜なべして作ったピュンピュン丸ならぬ“ピュンピュン玉ちゃん”エコバックをママにもプレゼントした。
 まぁ喜んで頂いたけたかは定かではないがぁ小生が今こうしてスナッカーズを名乗れるのも玉ちゃんのお陰、スナックのブログを書く切っ掛けを頂いたのも玉ちゃんのお陰。小生にとっては雲の上の存在であり、スナック文化の普及に勤しむ仲間であり、いつかは追い付きライバルと呼んで頂きたい存在である。
 しかし会えば会うほど、話せば話すほど、知れば知るほどに玉袋筋太郎っという厚みのある奥行きのある人間に勝てる気がしない…ので小生には小生のやり方で小生のペースでスナックの楽しさをコレを読んでいる皆さんに伝えていこうと思います。

◆pm23:45
 最終電車が近づいて来たので小生はコノ辺りで失礼、玉さんと他の常連さんに挨拶をし見送りのママと共にエレベーターのエントランスに向かう。エレベーターを待っていると玉さんも帰られるっという事で一緒にビルの下まで降りた。
 小雨降る中、ママと別れ前を玉さんとマネージャーさんが歩いていた。駅に向う為に角を曲がる前に、玉さんに再び挨拶をして硬く握手をした。あまり酔っ払って帰路に付く事がない小生であるが今夜は少し酔っている、家に帰ったらバタンキュで良く眠れそうな気がした・・・おしまい。

◆追伸
 玉袋筋太郎最新刊『プロレス取調室』はYouTubeで書かれている対戦を観ながら読むのが面白いですまた『酔街エレジー』はsnack玉ちゃんで生歌を聴いたら絶対に欲しくなる一枚です。
 コレからはコレを拝んでからスナックに行きます
スポンサーサイト
02:15  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |