2018年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2017.12.11 (Mon)

昭和探訪

 余り小生の住む周りに紅葉樹というものが無いのであるが、先日歩いていると公園に小さな紅葉の木があった。
 たぶん誰かが植樹したのであろうが、雲の木漏れ日を浴び赤く染まった葉が綺麗でした。もみじ狩りなんて行った事もないですが少し行く方の気持ちが理解できた瞬間であった。

◆pm22:00
 JR尼崎に野暮用があり、帰りに金楽寺町に在る“snackロン”に寄ろうと前を通ると、今しがた消えたであろう看板があり、多分店内では帰り支度されているであろうっと推察されるので再び帰路につく。
 国道二号線から小腹も空いていたので24時間営業のスーパー玉出に向かい、帰りに阪神尼崎スナック街を通り抜けようと歩いているとOS通りに在る“SNACK 千寿(ちず)”の看板に灯が点いていたので久々に覗いてみた。
 千寿が入る二階建ての建築物は昭和34年生まれ、築57年くらいのコノ通りを見続けている。一階に在った“カサブランカ”は扉にテナント募集のプレートが貼られていた。

◆pm23:00
 ピンク色の看板に扉を開けると行き成り階段に成っており、玄人のスナッカーズでも「いちげん」さんで入店するには勇気いるスナックであるが、入ってしまえば階段上から笑顔で器量あるママが『いらっしゃい』っと迎えてくれる。

 酔っ払っていると落ちそうな割と急な階段、手摺も余り信用していないので慎重に登る。
 店内には誰も御客さんは居ないが、日曜日は殆どのライバル店が定休日なので、必ずココだけは開けるのがママの心情らしのであるが、小生は日曜日にココが開いている事は知らなかった…また日曜スナック情報特集でもやらねばね。

 ママは先ほど寄ろうとしていたsnackロンの出身、いつから独立してココに移ったかは以前聞いたような気もするが忘れた…。階段上に設置されているシャンデリア風の照明器具の電気が切れており、聞くと天井裏で断線しておりスイッチを入れても先日から点かないらしい。まぁ築57年ともなれば仕方ないのであろうが、本来ならトイレの天井に配線を見る為の入り口が設置されているのであるがココには無い…外にハシゴを立てて天井裏の配線を見るしかないような作りで、実施すると工事費もバカにならないであろう。
 しかし昭和映画のセットのような処で飲むビールは映画の主人公になったようで最高であった・・・おしまい。
スポンサーサイト
10:57  |  千寿  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |