2018年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.03.01 (Thu)

男の作法

 痛みを伴う寒さも和らぎ、次は目覚めの目の痒みで起される季節…生きる事は年中と言ってイイくらい辛いものである。 

◆pm20:30
 地下鉄の改札口を抜け長いエスカレーターを昇り、最近お気に入りの通りを抜けて新地本通りに出る。
 いつ来ても驚くほどに人が行き交い、男女の駆け引きが交差する街…北新地。全然前を見て歩いていない人ばかりなので、人並みを泳ぐように進んで行く。
 目的地である大川ビル本館…なぜ本館っと態々入れているのかぁ?っと少し疑問であったが調べるとコノ辺りに結構“大川ビル”多い大金持ちなんだなぁきっと…っとこんな事を思いながら八階へ到着、廊下に反響するカラオケの声の源はヤハリ“snack玉ちゃん”であった。
 しかしBOX席に御二人居られるだけ…でも財布の中身は尼崎の客の50人分くらい持ってそうな社長さん方カウンターにシッカリと小生の名前が書かれた紙の予約席がセロハンテープで貼られ、まるで自身を見ているようで、格差社会をスナッックでも痛感させられる。
◆pm21:30
 ココに来ると色々な方に出会う、隣の方が連れて来られた綺麗でスレンダーな女性は、きっと何処かのクラブのホステスさんだと思うがシンガーもされているようでマドンナ“LIKE A VIRGIN”を歌われ、なぜこのチョイスなのかぁ?わぁさて置きやり切ったかのように女性だけ(店?)帰って行った。
 途切れる事のないカラオケにママもリクエストで昭和熱唱してましたよぉヤハリ昭和歌謡やムード歌謡、そして演歌がスナックに酒に合う!最高の肴であるが、コレを若い人に理解させようとするのは所詮無理だと小生は思う。
 例えば学校唱歌などは大人に成ってから聴くと懐かしく胸に染み入るが、小学生の時は訳も分からず皆さんも歌っていた筈。スナックの真の喜びを感じるのは四十代に成ってからだと小生は考える、しかし若い人にも社会のルールやマナーを学んで頂きたい!そこにスナックもあるように思いますが…違うのかなぁ??

◆pm23:00
 我等が崇拝して止まない伝説のスナッカーズ“玉袋筋太郎”会長が御目見えなられた。深夜10分くらいかなぁ?『人生酒場』の収録で今日だけで6軒スナックを周って来たとの事で、東京からの新幹線入れると7軒周ったよぉっと軽快なジョーダンを交えながら席に付かれた。
 ラジオ関西で25日の深夜26時から二時間“玉袋筋太郎の男の作法”っという番組があり、小生も聴きながら寝てしまうかなぁ…っと思いながら最後の朝4時まで聴いていた。小生の右に玉さん左にはコノ番組の制作の方朝まで聴いたラジオ番組にまつわる話が、生で本人から聞ける喜びはない…幸せである。
 話を聞いていると番組制作だけではなく、スマホアプリのrajiko(ラジコ)も作った人らしく((((;゚Д゚)))))))コレ又凄い方に凄い話を色々と聞かせ飲ませて頂いて、流石スナック玉ちゃん!業界人が集う店公演料取れるくらいの貴重な話が聞ける…さっき言っていた小生のスナック話もココに繋がるのよぉ
◆am1:00
 為に成る話を聞いている間にいつの間にか伝説のスナッカーズはホテルに帰ってしまい、今夜は一枚も写真を撮れず…残念なのはブログを読んでくれている方以上に小生の方がガッカリであった…。しかし後ろではお客さんの誕生日を祝ったり、全くブログで書けない様な豪快な御金の話を違う方に聞かせて貰ったりっと別業種・別世界の話は楽しい。
 皆さんも近くに行き付けの居酒屋とスナックは有った方が人生はきっと楽しいですよ・・・おしまい。
スポンサーサイト
00:30  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |