2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.08.09 (Thu)

愛乃場裸場男子燃ゆ

 高校野球も始まり甲子園球場までの足を司る阪神電車は応援団によって混雑を余儀なくされている。小生は高校野球には全く興味がない…っというか運営している朝日新聞や高野連や大嫌いなので観ない。混雑する阪神電車も夜に成ると何時もの平穏さが戻り空いた座席も目立ち西宮まで悠々と座れる。
◆pm20:45
 だいぶ今夜は昼間と違い気温が下がっているが歩くと多少は暑い。阪神西宮駅を降り北へ国道二号線まで歩くとドンキホーテがあるが、少し買い物の当ても無く歩き出したが、体力的なものの限界を感じ、途中で引き返し本来の目的であるスナックへ向かった。
 駅の南側を川沿いに歩く、川に流れでもあれば風流で涼しげでもあるだろうが、幅の広い溝に其れを臨んでも仕方がない。
 イーストプラザビルは一階がイタリア料理店で店のガラス張りの外装もオシャレで、女子やカップルで満席のように伺え、小生には縁遠い存在であると思えた。

 エレベーターに乗り込み五階へ、先日連れて行った貰った“Iris(アイリス)”さんに来た。
 中に入ると三角形の店。三角形のカウンターはゲージのような中で美女三人が其々一片を担っている。
 ママが初めに小生の二度目の来店に感謝してくれた、しかしココでは“ママ”っという肩書きは無く、スナック経営初めての経営者は自身を卑下し“店長”っと名乗っておられる。店長さんは酸いも甘いも噛み分ける20代後半で有らせられるが、決してそんな風には感じさせず御若く見える。会話していると話し仕方に角は無く、内容もまともな大人の女性である。
 今日から入ったという女の子も居られまして紹介して頂いたのですが、相変わらず人の名前憶えられない症候群なので名前は右から左へと忘れられる。スケベ男子受けが良さそうな感じな小麦色した彼女も、水商売は初めてではなく中々の受け応えが出来て阪神尼崎のスナック街に群がる銭ゲバ達とは少し違うように感じた。

◆pm22:30
 街の人通りは少ない割りに良いスナックには人が途切れなく来店される。小生のように一人で行動されている御客さんんが多く、末席の小生は迷惑ならぬよう帰らねば成らないが他のお客さんが気を使って帰って行くので、もぉ少し飲んでからっと考え直した。三人居る中で最後に付いてくれた彼女は小生と同じ尼崎出身ではあるが、尼崎と言っても広く、随分っと北側なので余り共通した事柄がない…しかし彼女は学生時代、クラブ活動で市内の学校に遠征に結構行かれてた模様で、小生の地元の中学校にも詳しく会話にも華が咲いた。

◆pm23:20
 御客さんも増えて来られたので今回こそ小生の番、会計を済まし帰る事にした。終電にも余裕もあるので少しコノ界隈を歩いてみた、阪神大震災の前は西宮にも少し通いなれたスナックも有ったのであるが、今は当時どの辺りにあったのか?すら分からない…通っていたスナックビル自体が無いように思う。震災で失った思い出は、新しい思い出で埋めて行けばイイっと感じる夜でした・・・おしまい。
スポンサーサイト



23:20  |  Iris  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |