2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2014.12.09 (Tue)

居心地の良さ

 (こころ)もNightぴぁ北原も無事に初日のグランドオープンを向かえ順風満帆に門出している。
◆pm10:20
 小生は野暮用で今夜は阪急塚口に来ている。
用事も、そそくさと済まし塚口で唯一馴染みの店“YOU&ME”を10ヶ月ぶり位になるのかぁ?久々に覗く事とした。
 恐ろしいぐらい階段の幅の狭い急勾配の階段を一段ずつ確かめながら上り見るとママが廊下で電話中である。手を振って気づいて貰い共に中に入るとママの塾帰りの娘さんが居られるだけで客は、ひとりも居られなかった。
 何か素人の歌自慢番組がテレビから流れている。前回小生のボトルを紛失され新しいボトルを下ろした、のだが店のハウスボトルを切らした際に小生の満タンボトルをハウスボトルとして客に提供したらしい。故に新しいボトルを頂いた、別に良いのであるが少し複雑な気分である。
 夜の母親の顔を見せるのがイヤなのは分かる気もするが、やたら娘さんに早く帰れ帰れっと急かすがテレビ観ている中学生が言う事を聞く訳もがない、『別にイイやん』っと小生が諭す。
◆pm10:55
 娘さんも帰り暫くするとママに電話営業で釣られた若い御客さんが来られ続いてママの息子さんが来られた。息子さんは立派な社会人なので早く帰れと言われる心配はない。
 ママさんが皆に『チジミを食べますかぁ?』っと半ば強引に食べろ!っとばかりに厨房に入りながら此方と行ったり来たり、そして暫くすると焦げ臭いニオイが・・・すると大声で笑いなら『真っ黒に成ったから捨てたったぁ!ワッハッハッハッ!』豪傑である。ママの豪快な底知れぬ明るさがコノ店の良さであり娘さんや息子さんが真直ぐ育っている証なのかも知れない。
◆am0:00
 コノ店に週二回くらい来店する知ったかぶりも甚だしい後期高齢者の話をしている、皆は少し迷惑に感じている様である。スッと扉が開きカウンターの席を空けたのにも関わらず端の小生が荷物を置いている処に掛けたがる老人が現れた。老人に聞こえよがしにママの息子さんに向かって小生が『さっき話していたアホってこれ?』っと訊ねてみたら軽く頷かれた。コレは確かに痛過ぎる臭がプンプンし過ぎるが我が国は議会制民主国家である故に多数決で出ていって貰うのが筋であるが、困るのはママ、そんな事は小生には出来ない。
◆am0:45
 息子さんも帰られ小生もお暇する事に、もう一人残られた御客さんが気の毒と思いつつ帰路に着きましたとさぁ・・・おしまい。
スポンサーサイト
16:36  |  番外地篇  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |