2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2015.05.07 (Thu)

なにわのピカソ

◆pm11:20
 第一ビルを後に“かんだしんみち”を横切りOS通りに入る。道は年末に何故かコノ通りのイメージとはミスマッチな白い塗料を塗られ奇妙な感じであったが其の白塗料も剥がれだしていてコノ通りを愛する者としては残念である。
 ウロウロと探訪しようかと思ったがBellの前で扉に聞き耳を立てると意外に静かなので久々にヨシモト新喜劇の重鎮、島田一の介師匠の店に入ることにした。
 お店は静かでカウンターの中央にママが座っていたので其の横に腰掛けた。火曜日のレギュラーは桂三象さんであるが本業の落語で繁盛亭に出ておられるらしくピンチヒッターでたいぞう画伯がアルバイトしていた。

 ここには親戚の家にでも遊びに来た様なノリでママが接してくれ、迎えの道路の件の経緯も甥っ子に話すように愚痴を交えて話してくれた。小生が思うにコノ通りは石畳にし法善寺横町みたいな門を作りアチラは藤山寛美先生の直筆で看板を書いてあるがココは一の介師匠に有楽横町とでも書いて頂き入り口にはお地蔵さんでもこしらえて観光名所にして欲しいものである。見積もり算出してミライメイカーズで寄付して貰うかぁみんなの意見の聞きたいものである。
◆pm11:53
 一番大きいカラオケモニターがテレビに切り替わっており皆で毎日放送の“ごぶごぶ”を鑑賞する。プロと観るようなもので放送作成の裏側や芸人同士の関係やを解説付きで観られ何とも贅沢である。
 話は少し逸れるが新日本プロレスのリングアナのケロさんが前日に来ていたらしく店に居た新喜劇の今別府氏が偉く感動していたらしい、其れを聞かされていた、たいぞう画伯もテンション上がってプロレス音痴の小生にケロさんとわぁ如何なる人か説明してくれた。
◆am1:00
 ごぶごぶの放送の終了し閉店時間を迎えた。帰りにママから御菓子持って帰りと丹波黒豆いりおかきを頂き正に親戚の家を後にするような気持ちで帰りましたとさぁ・・・おしまい。
スポンサーサイト
00:05  |  Bell  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |