2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2016.06.04 (Sat)

有段者が集う場所

◆pm10:30
 ココ何日かは夜に成ると少し冷えるが約10日ぶり位に体が空きザ・スナッカーズ出撃である。

 ロンのママに以前入店した彼女が一応毎週金曜日に出勤するように成ったので覗いてやって欲しいっと言われていたので今宵はsnackロンを覗く事に。
 尼崎中央郵便局を越え、太平市場辺りから両脇に少し商店が並んでいる。週末の金曜日に出歩く事は余り無いが3軒ほどあるスナックからは賑々しく歌声が道路に漏れている。
 ロンの扉を開けるとカウンター席は勿論ボックス席にも御客さんが居てカラオケで盛り上がっている。いつもなら騒がしそうな人の隣を避け端に座らせて頂くのであるが従業員のお姉さま方の都合上のため詰めて座る事に。
 騒がしいっと言っても皆さんロンのファンでママのファンであるので忙しくなれば帰られる、この気遣いスナック有段者である。

◆PM11:00
 皆さん帰られカウンターには酔って眠っている客と小生、ボックス席に三人居られる。ボックス席に付く若きエースゆとり教育ホステスママと交代しカウンターに入り小生に付いた。
 話を聞くと今は火曜・水曜・金曜日っと入っているらしく、ママからも機転が利き御客の評判も中々らしい、只ゆとり教育なので口の利き方に難がある
 少し薄暗い店内では突き出しのバイ貝に小生が悪戦苦闘していると爪楊枝で身を取り出してくれた。
 小生はスナックに女性目当てに来ている訳ではないので、アホ以外なら誰が付いてくれても構わない。しかし世間では若い女の子と会話したいというスナックファンが普通であるが、スナックは楽しい時間を提供して代金を頂いている場所であって決して御世辞を言われても本気にしては駄目それ以上の御世辞、ジョークで返すのが大人を磨くスナック道場である。彼女にも若くしてキチンとした家庭があるのでデリカシーを持って接してあげて欲しい。

◆am0:30
 若い子が入り店も少し活気が出て来たように思う、其の証拠に23時閉店であったにも関わらずコノ時間である。
 久々のアルコールに小生も結構酔っ払って来たので帰る事に。外に出ると他の店も看板の電気は消えているもののカラオケの歌声が聞える。
 コレは楽しさが扉から漏れているのである・・・おしまい。
スポンサーサイト
22:50  |  snack ロン  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |