2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2016.07.15 (Fri)

珍しく開店

◆pm11:45
 千寿を出てOS通りから神田新道を西に向いて歩く、右手に“コメダ珈琲”見えたらビルの三階の窓を見上げる。
 窓から漏れるイルミネーションの光が開店しているシグナルである。
 ビルの下のエレベーターホールには掲示板があり各店の求人等のインフォメーションが貼り付けられており、snack千は20時からの営業時間に変更され臨時休業のお告知が貼ってある。
 四階建てのビルの三階に上がると見覚えのある方々…千で飲んでいた方々が帰られる処であり、近くにある居酒屋の“紀州”に行かれママも連れ立って行かれた。
 店に残ったチブル星人が空きグラスを片付けが終るまでボトル棚をチラッと見ると千のオリジナルラベルのボトルが並んでおり、聞くと周年祝いで麦・芋の焼酎ボトルを作ったらしい小生も漫遊記六周年ボトルでも作ろうかと一瞬考えたが誰も貰ってくれる事ない…っと思いやめた。
 片付けの終ったカウンター席に腰掛け今月の9・10日に一泊二日で淡路島に行ったsnack千・慰安旅行道中記をチブル星人に聞かせて貰った。旅行には【北慕情】で御馴染みの歌手のアノ新浩司こと新さんが御同行(知らん?) 夜は新さんが世話に成っている作詞家先生の店で宴会したらしいが、チブル星人は別行動で御子息達と花火や虫取りしていたらしい。

◆am0:20
 ママが一時帰還して来られ、ご自身が突き出しを作れない代わりにと沢山の差し入れ下さった。
イカ焼きにタコ煮付け、不思議な取り合わせであるがイカは刺身でも十分食べれる新鮮な物であったが紀州の店主に焼いて貰ったらしく、生物一切口にしない小生に取っては焼いてある方が有り難い
 トリ皮のフライにかしわの唐揚げは出来合いの物ではなく鳥がカスカスでなくジューシーで旨い紀州は新喜劇の竜爺こと井上竜夫師匠も“スナックたっちゃん”をやっていた頃は贔屓にしていた店で、小生は一度も行った事が無いので是非とも次回は行ってみたいものである。
◆am0:55
 まだ先程の客が紀州でママとチブル星人を待っているとの事で、ならば閉店して早く行かないとぉっということで会計をしてもらいました。
 お土産用のオリジナル小ボトルも作ったらしく、周年に顔も出していない小生に、まだ数本残っているという事で頂き有り難い物である。ビルの下で別れ、二人は紀州に向かい何時まで付き合わされる羽目になったかは神のみぞ知ることであった・・・おしまい。
スポンサーサイト
23:08  |  snack千  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |