2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2016.09.30 (Fri)

街は青春時代

◆pm11:43
 少し野暮用で外出しており阪神尼崎に帰って来たのは0時前、駅前は秋雨前線に水洗いされおり、水溜りはネオンの灯が揺れて綺麗である。
 家に帰り寝るのに少し勢いをつける為にココから一番近いスナックビルである“第一ビル”に足を向ける。

 ビルの前には優雅に寝転ぶ猫二匹に傘をさす客引きのキャバ嬢…どちらも全く小生の事は気にも留めず横を通り過ぎ二階に上がる。
 おもてなしバル“ハローズ”の扉を開けると店内は一ヶ月も早いハロウィン化粧で御出迎えされる。BOX席にサラリーマンが四人おり従業員はママ一人である。

『大雨警報が出てたので女の子は休ませたんです…』

 っとママが申し訳無さそうに言われたが、小生は別に女の子目当てに来た訳ではないのでお気に為さらずに
 ココに来れば生ビール透き通る黄金色にキメ細かい泡を見ただけで喉を鳴らしてしまう、生ビールはビールサーバーを毎日隅々まで清掃していないと全然味が違う、ハローズの生ビールは清潔さとママの愛情の味がする。
 今週末は阪神駅前北側で“尼ソニック”っという音楽イベント、再来週は同じ場所で尼崎市民祭りっと大きなイベントが立て続けにあるがぁ全然コノ辺りで商いをしている物には情報が届いておらず、もっと街全体で盛り上げたいっと嘆くママ。如何にもそうである折角イベントを大々的に行うのに勿体無いことである。
 昔と違い黙っていても客が来るような時代ではない、スナックが減っていっている処かぁスナックビルが無くなっていっており、ママと、あの隣にもスナックビルがあったぁココにもあったぁっと良き時代を振り返るばかりである。

◆am0:40
 一杯だけ引っ掛けるつもりが、こんな時間に…。お会計を済まし外へ出ると、雨は小雨ながらまだ降っており心も洗われたような気分で帰りましたとさぁ・・・おしまい。
スポンサーサイト
00:16  |  どっこいしょ尼崎  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |