2018年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

 ●YouTube     ●Facebook     ●Twitter

   

2018.02.07 (Wed)

新地で食事

◆pm17:30
 今夜は普段よりも北新地にてクラブ活動の時間が早い…っというのも小生には珍しく同伴なのである。幾つか理由があるが、小生は同伴が嫌いっというよりも、余り人と食事するのが苦手なのである…気を勝手に使って食べたような気がしないからである。
 約束の時間まで余裕があるので、一回では周りきれない数の多い北新地のスナックビルを探索し写真を撮って時間を潰す。

◆pm18:30
 時間丁度に待ち合わせ場所であった、国道二号線沿いにある薬局屋の前に現れたのは“snack玉ちゃん”の八木ママである。同伴ドタキャン食らったらしく午前中に寝ている小生にメッセンジャーで『予約している店があるので、どうしても行って貰わなければ私の顔が立たん』っということで半ば強引な御誘いであった。
 薬局屋が入るビルの二階にあります“板前焼肉一笑北新地”(大阪市北区曽根崎新地1-5-18 ゼロ北新地ビル二階)にて食事、入り口横には刺しの入った高級牛肉がブロックでショウケースから迎えてくれる。
 店内で肉の写真撮ったりしていると、田舎っぺ丸出しみたになので一枚も写真は撮れませんでした注文の全てママに御任せで注文して貰ったのであるが、出てくる肉全てウマイ((((;゚Д゚)))))))肉だけではなく、キムチも普段小生が食しているキムチとわぁ比べ物にならないくらい美味いしかしチョイチョイ注文した物と違う物が出てくるのであるが、まぁ忙しそうなのでしょうがない程度に小生は思っていたのであるッが、北新地番長の八木ママはイライラしている…。
 最後にデザートを注文した、小生はアッサリと柚子アイスを、八木ママは表面をカリッと焼き上げた名前の難しいプリンを注文。しかしこのプリン…表面が焼き上がっておらずママの逆鱗に触れ再度やり直しを命じられ、再び来たプリン…何と先ほど厨房に戻されたプリンに、再度砂糖を掛けて焼き直した物だったらしく、表面の下がジャリッと砂糖まみれであった、完全に番長を怒らせた。
 会計を済ませエレベーターに乗る時には店長は勿論、全店員で頭を下げての御見送りであった…恐るべし北新地番長ぷりっであった

◆pm19:45
 スナック玉ちゃんに入ると御客さんは来ておらず、皆で乾杯した。すると先程の一笑の店長さんが従業員一人を連れ態々プリンを持って来られたぁ((((;゚Д゚)))))))
 神対応っという言葉は余り好きではないが、これほどの誠意と謝辞を示してくれた店長さんを誰が責めれましょうかぁ八木ママもコレには『何?何?全員分ないの??』…もう許してあげてくれ
 しかし一口食べてみると、先程のとは全く表面のカリカリ感といい中のプリンといい違う…此れが正解の味であったのだ。北新地で商売をするもの同士のプロの姿勢を正直感じた貴重な経験をさせて貰った。

◆pm21:00
 仕事帰りに食事をして二軒目にスナックという定番ルートを辿り、一人また一人と御常連が現れた。昭和から平成に成ろうとも一丸と成って盛り上がるのか歌である。歌声喫茶から流し、そして8トラカラオケが出だし一気にスナックに普及、レーザーカラオケから現在の通信カラオケと繋がる
 しかしいつの時代も酒と歌が人の心を繋いでいく。
◆pm22:00
 今夜は出発が早かったのでコノ辺りで小生は御開きっとさせて頂き、今夜は余裕で電車で帰れましたとさぁ・・・おしまい。
14:33  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.05 (Mon)

オバケのロック 完結

◆am0:05
 スナック玉ちゃんに戻どると燃焼しきった御客さんが、会計をして貰う為にママの帰還を待っており、帰られる際には小生達にも『お先です』と深く会釈し店を後にされた。
 小生も急がなくては最終電車にマジで乗れなくなる((((;゚Д゚)))))))しかし一向に御会計してくれる気配も無く…諦めた…もぉそうなればぁ開き直り朝まで飲もうぞぉ
 ママがお腹空いたなぁ!っということで、タコ焼き・お好み焼き・手羽元などを、このような時間でも普通に出前してくれるのが北新地
 気前のイイ玉ちゃん黒帯有段者の方からの35度もあるメイプルウィスキーの牛乳割りを一杯ご馳走になる…『うまい』文字通りメイプルなので蜂蜜のウィスキー、香り・味共に蜂蜜コレに牛乳のまろやかさが加わりアルコールとは思えない美味さぁ…当然ながら撃沈…。
こうして北新地の灯りは暮れていったとさぁ・・・おしまい。
20:50  |  snack玉ちゃん北新地店  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.04 (Sun)

オバケのロック その②

◆pm11:20
 一恵ママも同行し三人で向う。この時点で結構酔っ払っている…電車の終電まで後一時間っという感覚だけを脳裏に止めながらいるのが精一杯状態であった。

北新地マンバーズyagi 大阪市北区曽根崎新地1-5-22 橋立ビル5階
i
 関西版スナックガイドブック“スナックぴあ”をお持ちなら59ページに掲載されている店であり、スナック玉ちゃんの八木ママの原点の店。今は妹さんの美空さんがママとして頑張っておられる。
 スナックぴあの資料によると21席入るとの事であり、ピアノの生演奏やライヴ等も行われるっとある。以前は全く“いちげんさん”お断り完全会員制の店でだったのであるが、本に掲載されているところをみると、スナックぴあ持って行くと入店させて頂けるのかなぁ??
 一恵ママは電話が入り一旦スナック玉ちゃんに戻って行かれた。BOX席に腰掛け乾杯をした、皆さんオバケの日とは無関係な通常の水商売着であり、ママにいたってはスーパー玉出で買い物帰りのような格好であった…。
 スタッフの一人にシンガーでもある“梶 彩美”さんが居られる。彼女のピアノ伴奏と自身の歌も含め何曲か美声素晴らしい演奏を聞かせて頂いた。そしてスーパー玉出帰りの出で立ちで、まるでキダ・タローの伴奏で歌うが如くママも美声を聞かせてくれた。
◆am0:00
 夢遊病の小梅太夫のコスプレした一恵ママが迎えに来てくれた。あまり話し自体は出来なかったがメンバーズyagiの醍醐味は十二分に堪能させて頂いた、次回来店した暁にはママやホステスさんの魅力にも迫ってみたいものである。
 スナック玉ちゃんに帰る道中で、最近酔っ払うと忘れ物をする悪い癖がでる…店に携帯を忘れた…。慌てて取りに帰ろうとすると美空ママが走って持ってきてくれた。誠に申し訳ございません…注意していても酔うと駄目なんで小生と一緒の時は皆さん御願いします必ず忘れ物がないか聞くのではなくチェックして下さいね

 そして再びスナック玉ちゃんへと戻って行きました・・・つづく。
22:43  |  北新地メンバーズyagi  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT